古梅園事務所

c0112559_14252967.jpg
 1577年(天正5)年創業の老舗製墨業、古梅園の店舗兼事務所。1577年といえば、戦国時代。上杉謙信が北陸に遠征を行なった年だそうで、ずいぶん長い歴史があります。建物は大正元年の築で、洋館ではありませんが、いかにも古都奈良らしいので紹介します。古梅園の店舗の向こうには作業所や蔵、倉庫など多くの建物があり、なんと25件が登録文化財に指定されているとか。木造平屋建て。

古梅園事務所 1912(大正元)年
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
奈良県奈良市椿井町7
撮影 : 2009.8.28
c0112559_1428343.jpg
c0112559_14285072.jpg
c0112559_1429272.jpg
c0112559_14291853.jpg
c0112559_1429356.jpg
 中は見えませんが、広大な敷地で、登録有形文化財の蔵が並んでいます。
by gipsypapa | 2009-12-10 14:32 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/13196986
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2009-12-11 19:52
この重厚感がいいですね。
墨屋さんですか。
創業が古いのも、納得です。
Commented by gipsypapa at 2009-12-12 15:56
j-garden-hirasato さん、
いかにも古都らしい風情がありますね。
これほど長く墨を作り続けるのは頭が下がります。
宮内庁御用達だそうです。
<< 奈良の喜多家住宅 天理教梅谷大教会 >>