原田産業大阪本社ビル

c0112559_1055149.jpg
 ファサードに印象的な縦長窓とバルコニーが並ぶ斬新なデザイン。今も現役で使われ続けています。中は見ることができませんが、原田産業のホームページに内部写真があります。吹抜ホールと階段などの細部にこだわった作りは、現代の商業ビルでは考えられない素晴らしいもので、一見の価値があります。

 設計は大正後期から昭和初期にかけて、大阪を中心に活躍した小笠原祥光(おがさわら よしみつ)。鉄道院から住友総本店を経て、大阪に建築事務所を開設。数多くの作品を手掛けましたが、小規模なものが多く、現存しているのは少ないようです。今回、作品リストを調べた時に1935年に天満屋回漕店があるのを発見。すでにこのブログで紹介した、現天満屋ビル(1936年築)のこと。多くの資料で、この建物の設計は村上工務店となっていますが、設計したのが築年の1年前というのは妥当。小笠原祥光が関与していたと思われます。鉄筋コンクリート造り、2階建。

原田産業大阪本社ビル
旧原田商事 1928(昭和3)年
設計 : 小笠原祥光(小笠原建築事務所)
施工 : 竹中工務店
大阪市中央区南船場2-10-14
撮影 : 2009.6.9
c0112559_1075485.jpg
c0112559_108178.jpg
c0112559_1081039.jpg
c0112559_1081826.jpg
c0112559_1082885.jpg
c0112559_1084087.jpg
c0112559_1085282.jpg
c0112559_109213.jpg
 中には入れませんが、玄関の周りは見ることができました。
c0112559_1093091.jpg

by gipsypapa | 2009-11-04 10:10 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/12840818
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2009-11-05 20:49
サラリとしつつも凝ったデザインです。
設計者のポリシーを感じますね。
個人的に、好きなデザインです。
Commented by gipsypapa at 2009-11-06 10:09
j-garden-hirasato さん、
私も気に入っています。
現代では、まずお目にかかれない有機的なデザインですね。
設計者の小笠原祥光という人に興味を持ちました。
他に現存している建物がないかどうか、
もう少し調べようと思っています。
<< 大阪農林会館 第1マエダビル >>