堺筋倶楽部・アンブロシア

c0112559_10393099.jpg
 堺筋にあるバロック風の近代建築。元銀行だった建物が今はイタリアン・フレンチレストランとして使われています。

 石貼りの外観に、中央のエントランス廻りは濃密な装飾が施されたヨーロッパを思わせる建物です。銀行らしく、1階の軒高が高く吹き抜けの営業室だったところで、イタリアンレストラン。2、3階は金庫室や電話交換室を改修したフレンチレストランの個室、4階はウェッディングパーティーなどに利用される空間となっているようです。

 設計は川崎貯蓄銀行建築課ですが、これに明治末期から昭和初期にかけて横浜で活躍した建築家で、川崎銀行をはじめとした銀行建築を多く手がけたことで知られる矢部又吉が参画したと推測されています。同じ大阪には旧川崎貯蓄銀行福島出張所(1934年現 ミナミ株式会社大阪事務所、国登録有形文化財)があります。鉄筋コンクリート造り、4階建 地下1階。

堺筋倶楽部・アンブロシア
旧川崎貯蓄銀行大阪支店1931(昭和6)年
設計 : 川崎貯蓄銀行建築課+矢部又吉
施工 : 竹中工務店
大阪市中央区南船場1-15-12
撮影 : 2009.6.9
c0112559_104135100.jpg
c0112559_10414726.jpg
 フランスとイタリアの国旗がイタリアン・フレンチレストランを表しているわけです。
c0112559_1042213.jpg
c0112559_10421768.jpg
c0112559_10423173.jpg
c0112559_1042533.jpg
c0112559_1043528.jpg
c0112559_10431917.jpg

by gipsypapa | 2009-10-30 10:46 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/12787560
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2009-10-31 04:58
おー、なかなかの建物ですね。
周りの大きな建物にも負けない存在感です。
ドッシリとした外観に繊細な装飾、
さすが元銀行の建物です。
今もレストランとして、
現役なのが嬉しいですね。
Commented by gipsypapa at 2009-11-01 11:14
j-garden-hirasato さん、
大きな建物ではありませんが、存在感があります。
レストランの中も見たいのですが、
この種は男だけでは敷居が高いです。
<< 第1マエダビル クツワ株式会社 >>