泉布観

c0112559_1353344.jpg
 桜宮橋から西へ延びる曽根崎通りを挟んで造幣局の北側にある明治初期に建てられた泉布観。毎年、3月下旬にのみ一般公開されていて、いつかは行こうと思っていて、つい忘れてしまっていました。今年は忘れず公開日に訪れました。

 泉布観は隣接する旧造幣寮鋳造所正面玄関とともに、大阪市内に現存する最古の洋風建築。造幣寮(現在の造幣局)の応接所として建てられました。明治天皇が命名されたという、泉布観の「泉布」は「貨幣」、「観」は「館」を意味します。

 建物は屋根組みが木造で壁は煉瓦造り。1階・2階とも建物の3方の外周にトスカナ式の花崗岩の柱を並べた広いベランダを持つコロニアル様式。壁面は木造の白い漆喰塗りに見えますが、その内部は煉瓦積みです。見どころは建物の内部で、高い天井にガス灯時代の照明器具が電球式に変わって、そのまま使われています。また市松模様の床、暖炉周りの凝った装飾や調度品が現代では珍しい意匠で素晴らしい。設計は造幣局旧正門・旧衛兵詰め所や旧造幣寮鋳造所正面玄関と同じくアイルランド出身の英国技師、トーマス・J・ウォートルス。国の重要文化財のレンガ造り、2階建て。

泉布観 1871(明治4)年
重要文化財
設計 : トーマス・J・ウォートルス
施工 : 直営
大阪市北区天満橋1-1-1
撮 影 2008.1.26 & 2009.3.28
c0112559_13541484.jpg
 一般公開は無料でありがたいのですが、行ってみたら敷地をはみ出すほどの人の列。中に入るまで1時間近く並びました。向こうに見えるのは、次回紹介する旧造幣寮鋳造所正面玄関。
c0112559_13551845.jpg
c0112559_13553054.jpg
c0112559_13553927.jpg
c0112559_13554724.jpg
c0112559_135621.jpg
c0112559_13561962.jpg
c0112559_13563013.jpg
c0112559_13564144.jpg
c0112559_1356521.jpg
 華麗な照明器具は見どころの一つ。様々なデザインの装飾が施されています。特に人頭装飾がなされたシャンデリアが珍しい。
c0112559_13572659.jpg
c0112559_13573686.jpg
c0112559_13574595.jpg
 暖炉の形も様々。北西室の暖炉には当時貴重だった女性像を描いたタイルが使用されています。
c0112559_13582888.jpg
c0112559_13584149.jpg
c0112559_13585963.jpgc0112559_1359968.jpg
























 北東室の暖炉の下部には、グリフォン(鷲の翼と上半身、ライオンの下半身をもつ伝説上の生物)がいました。
c0112559_13595224.jpg
c0112559_140647.jpg
c0112559_1401653.jpg
c0112559_1403253.jpg
c0112559_1404551.jpg
c0112559_1405579.jpg
c0112559_141681.jpg
c0112559_1411935.jpg
 一つ一つの部屋はゆったりとしたスペースが取られています。市松模様の床が美しい。
c0112559_1424768.jpg
c0112559_143053.jpg
c0112559_1431271.jpg
c0112559_1432783.jpg
c0112559_1434131.jpg
 2階の広いベランダ。
c0112559_1442994.jpg

by gipsypapa | 2009-10-08 14:06 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/12562976
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2009-10-09 05:45
「ザ・洋館」という感じのデザインですね。
規模も大きいし、
細部も凝っていて、
訪れたら楽しそうな建物です。
行列…。
無料だからですか。
行列は苦手です。
Commented by gipsypapa at 2009-10-09 09:52
j-garden-hirasato さん、
明治の洋館はお金がかかっているし、
内装や調度品が豪華なので見る価値がありますね。
ただ内部に入れるところが少ないので、ここは貴重です。
行列、いや、私も苦手ですよ。
特に東京に行った時など、昼食を食べる列をよく見ますが、
並んだことはありません。
ただ、ここはターゲットを絞って、せっかく行ったので
じっと我慢でした。(笑)
<< 旧造幣寮鋳造所正面玄関(旧桜宮... 造幣局本館 >>