日本基督教団石巻山城町教会

c0112559_1324568.jpg
 切妻屋根の礼拝堂とゴシック風パラペットの玄関兼鐘楼(?)のある下見板張りの小さな教会。調べると大正期の築とありましたが、見たところ新しいので最近改修されたようです。木造平屋建て(鐘楼は2階建)。

日本基督教団石巻山城町教会 1923(大正12)年
設計・施工 : 不明
石巻市泉町1-2-5
撮影 : 2009.5.3
c0112559_13261589.jpg
c0112559_13263886.jpg
c0112559_1327165.jpg
c0112559_13275374.jpg
c0112559_13281391.jpg

by gipsypapa | 2009-10-01 13:29 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/12495373
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2009-10-02 06:07
かなり手が入れられていますね。
外壁とか屋根は総入れ替えでしょうか。
建物のデザインで、
古いものであることが確認できます。
Commented by gipsypapa at 2009-10-02 11:16
j-garden-hirasato さん、
時々教会建築では、外部を新しい材料でやり直し、
内部は昔のまま残すという改修法が取られるので、
ここももしかしたらそうかも知れません。
<< 大街道浄水場 ポンプ室 石巻の中村屋旅館 >>