仙台市青葉区の西欧館

c0112559_13591433.jpg
 大学関係の建物以外で、第2次大戦の戦災を免れたものが少ない中、わずかに残った貴重な商業ビル。設計は早稲田大学に建築科を創設したことで知られる佐藤功一。作品としては関東大震災以降のものが多く、早稲田大学大隈講堂、日比谷公会堂や群馬、宮城、栃木、滋賀の4つの県庁舎などがあります。

 この建物は大東京火災海上保険仙台支店だったもので、薄いグレーのタイル貼りに柱頭や屋上のパラペットに装飾を配しています。小さいながらも、軽快で現代的な外観に様式主義をさりげなく取り入れた佳作。今はREAL Styleというインテリアショップと歯科医院が入居しています。鉄筋コンクリート造り、2階建。

西欧館
旧大東京火災海上保険仙台支店 1936(昭和11)年
設計 : 佐藤功一
施工 : 不明
仙台市青葉区大町1-1
撮影 : 2009.5.3
c0112559_140929.jpg
c0112559_1402465.jpg
c0112559_1403625.jpg
c0112559_1405022.jpg
c0112559_141761.jpg
c0112559_1411710.jpg

by gipsypapa | 2009-09-17 14:02 | 建築 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/12369119
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by sy-f_ha-ys at 2009-09-17 23:17
かれこれ5年くらい前になりますが、日没直前に仙台で途中下車して市内を歩いたことがあります。
そんな時間でしたので、この建物と農林中金を撮影したところで真っ暗になってしまい、私の手元には薄暗い写真しか残っていませんが、こんな姿だったんですね。
佐藤功一さんというと、早稲田大隈講堂と日比谷公会堂の独特な姿を思い浮かべますが、わりとノーマルな感じですね。でも玄関脇のオーダーの角ばった作りなど、ヘキサの異名をとった佐藤さんらしいようにも思えました。
Commented by j-garden-hirasato at 2009-09-18 06:41
派手さはありませんが、
お堅い商売には、
こういう堅実なデザインがいいんでしょうね。
信用が第一だから。
Commented by gipsypapa at 2009-09-18 10:04
sy-f_ha-ys さん、
仙台にも行かれたのですか。
実は農林中金はもう存在していないのです。
いつまであったのか知りませんが、行く前に調べたところ
昔の写真が2~3あったのですが、解体されてしまったようです。
Commented by gipsypapa at 2009-09-18 10:06
j-garden-hirasato さん、
やはり保険会社を意識して設計されていますね。
すっきりした中に重厚感もあります。
<< 仙台市歴史民俗資料館 仙台市米ケ袋のM邸 >>