かんぽ生命保険仙台サービスセンター(仙台簡易保険事務センター)

c0112559_1382264.jpg
 仙台ではあまり見かけなかった昭和初期のモダニズム建築。整然と並んだ開口の大きな窓と、車寄せのある玄関の庇の形がアクセントになっています。今でも古さを感じさせないすっきりとしたデザイン。モダニズム様式は旧逓信省時代からの伝統ですね。鉄筋コンクリート造り4階建て、地下1階。

かんぽ生命保険仙台サービスセンター(仙台簡易保険事務センター)
旧仙台簡易保険局 1936(昭和11)年
設計 : 不明
施工 : 大林組
仙台市青葉区上杉3-2
撮影 : 2009.5.2
c0112559_1394174.jpg
c0112559_1310992.jpg
c0112559_13103310.jpg
c0112559_131054100.jpg
 玄関の大きな庇には、採光用のガラスブロックがあります。
c0112559_13121931.jpg
c0112559_1312474.jpg
c0112559_13133049.jpg
c0112559_13135052.jpg

by gipsypapa | 2009-09-10 13:16 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/12307661
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2009-09-11 05:31
建物全体は角々のデザインなのに、
玄関はボリュームのある曲線。
インパクトがあります。
Commented by gipsypapa at 2009-09-11 09:53
j-garden-hirasato さん、
昭和初期にしてはすっきりした設計で、
玄関に焦点を当てていますね。
機能と造形美を両立させていると感じます。
<< 遠藤新のM邸 北仙台カトリック教会 >>