大正湯

c0112559_14342274.jpg
 擬似コンクリート造りの建物が多く残っている、八幡浜市では貴重な下見板張りの木造建築。大正期の築といわれています。今は寂れた感じですが、明るい水色に塗られた外壁が当時のモダンで華やかな頃をしのばせます。人気の銭湯だったのではないでしょうか。

 「本日休業」の札の横に「お客様へ 誠に勝手ながらしばらくの間お休みさせていただきます」という張り紙。最近まで営業していたと思われますが、再開されるのかどうか不安になる佇まいでした。木造2階建て。

大正湯 1916(大正5)年ころ
設計・施工 : 不明
八幡浜市大正町1132
撮影 : 2009.3.22
c0112559_14354416.jpg
c0112559_14361350.jpg
c0112559_14364183.jpg
c0112559_1437169.jpg
c0112559_1437204.jpg
 こういう凝った設計の銭湯は、内部の装飾も面白いと思うのですが、見ることはできないかもしれません。
by gipsypapa | 2009-08-05 14:39 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/12075463
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2009-08-06 21:45
現役の銭湯ですか。
もう、廃業と言われても、
そうですか、と納得してしまいそうな外観のクタビレ具合です。
Commented by gipsypapa at 2009-08-16 11:20
j-garden-hirasato さん
コメントを見逃していました。すみません。
私も廃業してしまったように見えました。
<< 宇都宮病院 居酒屋園家 >>