八幡浜市の坂本歯科医院

c0112559_10154023.jpg
 ヴォーリズの八幡浜教会の前にある町屋造り風の建物ですが、ここの見どころは看板。字体が面白いです。彫塑家と和商さんとの合作だそうです。昭和21年の製作で、金属製の表札に刻印したものと、一枚板の宇和檜に浮き彫りにしたものが並んでいます。木造2階建て。

坂本歯科医院の看板 : 1946(昭和21)年
設計・施工 : 不明
八幡浜市本町69
撮影 : 2009.3.21
c0112559_10163593.jpg
c0112559_10165592.jpg
c0112559_1017623.jpg
これが陽刻。「篆書(てんしょ)体」を丸文字にしたユーモラスな表札と看板。
c0112559_1018062.jpg
 立て看板の裏は陰刻。こちらは、おなじみの「行書体」。
by gipsypapa | 2009-08-02 10:19 | 建築 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/12057456
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by sy-f_ha-ys at 2009-08-02 18:47
昔ながらの風情がある建物に、ユーモラスな「歯」の字が妙にマッチしていていいですね。
それと、こちらの向いにヴォーリズ設計の教会があるんですか?、
八幡浜って魅力的な街並みそうで、興味が湧いてきました。
Commented by gipsypapa at 2009-08-03 09:52
sy-f_ha-ys さん
はい、向い側にあります。
リンクを貼るのを忘れていましたので、本文に貼っておきます。
あまりヴォーリズらしさがないのですが、
これを見るのが八幡浜訪問の目的でした。
Commented by 八幡浜人 at 2010-03-01 18:24 x
八幡浜や保内を、チャリでお疲れ様でした。小さい頃は、保内に親戚があったので、よく歩いて往復したものです。

たくさんの写真の掲載を戴きありがとうございました。観光地でないので、来訪者が少ないのですが、近世を語るのに、充分な内容を持っている地域です。詳しい記述は出回っておりませんが。

ところで、この教会は、ヴォーリズの作品だと書かれている著書もありますが、実際のところ、疑義があるようです。建物としては、昭和初期です。
内部の祭壇が、シンプルなステンドガラスとよく調和して、厳かな雰囲気がタップリです。
Commented by gipsypapa at 2010-03-02 11:50
八幡浜人さん、
このブログを見つけて頂きありがとうございました。
保内まで歩いてとは大変ですね。
とはいえ私も子供のころは、田舎で交通手段もなく
近くの町まで5キロくらいは歩いて行ったりしていました。
松山までは何回かきましたが、一度八幡浜もと思いたちました。
八幡浜教会が目当てでしたが、他にも近代建築が色々ありましたので。
私もこの教会がヴォーリズでない可能性は否定しません。
多くのネット情報でヴォーリズとありますが、
私が保有しているリストには載っていないのです。
しかし、このリストも完ぺきではなく、
新たなものが最近見つかる例があるのです。
ということではっきりしないのが正直なところです。
<< 八幡浜市のタマイ靴店 八幡浜第一防空壕 >>