八幡浜第一防空壕

c0112559_1027339.jpg
 八幡浜市街を歩いていて、防空壕入口という看板を発見。細い路地を通っていくと空地の隅にありました。起工が1940(昭和15)月、竣工 1941(昭和16)年2月とのこと。市民によって掘られたそうです。「防災用具保管所」の立札があるので、倉庫としても使われているのでしょう。

八幡浜第一防空壕
1941(昭和16)年
設計・施工 : 不明
八幡浜市91
撮影 : 2009.3.21
c0112559_10281157.jpg
 偶然見つけた「四国初 八幡浜第一防空壕入口」の看板。
c0112559_10284848.jpg
c0112559_10285945.jpg
 木の扉が閉まっていますが、近所で鍵を貸してくれるとあります。なんとなく不気味なので、中を見る気分ではなかったのですが、ネット上に内部の写真がありました。内部は思ったより広く、トイレもあります。
c0112559_10324984.jpg
 白タイルに焼き付けられた「八幡濱第一防空壕」。
c0112559_10302693.jpg
 この周りは古い建物が並んでいます。これは防空壕の前の民家。ここが「尾崎てんぷら屋」かも知れません。
c0112559_10332598.jpg
 通って来た路地には、旧川之石庄屋跡に似て、自然石を鋭角に積んだ道路の石垣。こっちは大型の石が積まれています。
by gipsypapa | 2009-07-30 10:36 | 建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/12039633
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 八幡浜市の坂本歯科医院 八幡浜市の上村邸(旧向灘郵便局) >>