東京の日本橋

c0112559_108248.jpg
 野村證券前の国道1号線を北に向かうとすぐ有名なお江戸日本橋。明治末期に完工したルネッサンス式の石造りアーチ橋に、獅子や麒麟の装飾を持つ国の重要文化財ですが、真上を高速道路が覆いかぶさるように走り、せっかくの風景も台無し。なんとかなりませんかねぇ。

 設計は、東京市技師の米元晋一(よねもとしんいち)。装飾部の製作顧問には明治の建築界の大御所、妻木頼黄(つまきよりなか)、獅子、麒麟の欄干装飾は彫刻家の渡辺長男(わたなべおさお)が担当しました。重要文化財の 石造二連アーチ橋、高欄付。

日本橋 1911(明治44)年
重要文化財
設計 : 米元晋一+妻木頼黄
施工 : 不明
東京都中央区日本橋
撮影 : 2008.12.13
c0112559_10235698.jpg

c0112559_1094749.jpg
c0112559_1010681.jpg
 無残な風景のため、肝心のアーチ形の石橋をちゃんと撮るのを忘れました。多くの東京や大阪の歴史的な橋の上を、無粋な高速道路が横切る風景は、例えばヨーロッパでは考えられないのではないでしょうか。近代化のために仕方がないという見方もあるでしょうが、一方では都市計画に対する文化の貧困を感じてしまいます。
c0112559_10124576.jpg
 これは日本橋のたもと、野村證券の傍にあった構造物。昔の船着き場の跡でしょうか。
by gipsypapa | 2009-06-12 10:24 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/11733666
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2009-06-15 05:48
高度成長期は何でもありで、
こういうことも平気でやっちゃったんですね。
日本橋といえば、由緒ある場所であったはず。
日本の恥というべき景観です。
Commented by gipsypapa at 2009-06-15 10:42
j-garden-hirasato さん
いきさつは知りませんが、東京オリンピック前の高速道路建設ラッシュのときですかね。
当時は誰も文句を言わなかったのでしょうか。
<< 三越本店 野村證券本店 >>