高島屋日本橋店 (日本橋タカシマヤ)

c0112559_11213240.jpg
 昨年の12月に私用で東京へ。時間があったので日本橋界隈を見て廻りました。まずは高島屋日本橋店から。

 昭和初期に建てられた大規模百貨店。当初の日本生命所有のビルをデパートが借りることになって、一部設計変更があったとか。コーナーに丸みを持たせた、デパートらしいヨーロッパ風の古典様式に、一部東洋的な装飾も取り入れられています。高層部に張り出した軒蛇腹、高層部の柱間に並ぶ3連アーチ窓が特徴。下層部はコンクリート仕上げ、上層部はタイル張りで、各所にテラコッタの装飾を配した見どころの多い建物です。

 宮内省技師だった建築家・高橋貞太郎が、自分の提案によるコンペ当選作品をもとに、片岡安を顧問に迎えて、前田健二郎と共同設計した作品。東京都選定歴史的建造物指定の鉄骨鉄筋コンクリート造8階建て、地下2階。

 今年の4月に国の重要文化財指定を受けたことが判明しました。(2009.6.8)

高島屋日本橋店(日本橋タカシマヤ)
旧日本生命館 1933(昭和8)年
重要文化財
東京都選定歴史的建造物
設計 : 高橋貞太郎+前田健二郎+片岡安
施工 : 大林組
東京都中央区日本橋2-4-1
撮影 : 2008.12.13
c0112559_11232061.jpg
c0112559_11233769.jpg
c0112559_11235411.jpg
c0112559_11241146.jpg
c0112559_11242790.jpg
c0112559_11245067.jpg
c0112559_1125854.jpg
c0112559_11252586.jpg
c0112559_11254184.jpg
c0112559_1126028.jpg
c0112559_11261812.jpg
 華麗なエントランス。
c0112559_1127384.jpg
c0112559_11272648.jpg
c0112559_11275858.jpg
c0112559_11282185.jpg
 吹き抜けの1階ホール。大理石の柱が支える純白の格天井が美しい。
c0112559_11291747.jpg
c0112559_11293894.jpg
 背後には1952(昭和27)年以降順次増築された村野藤吾設計の大きなガラスブロックの壁面を持つ、モダンな新館があります。
by gipsypapa | 2009-06-01 11:32 | 建築 | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/11659438
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ローカルニュースの旅 at 2014-07-25 12:02
タイトル : 日本橋で「夢の超特急展」
昭和39年に東海道新幹線が開業して今年で50年を迎えるのを記念して「夢の超特急展」が23日、日本橋高島屋で始まり、開業日に新大阪から上り一番列車を運転した大石和太郎さん(81)が、当時の制服姿でテープカットした。8月4日まで。... more
Commented by j-garden-hirasato at 2009-06-02 06:06
高島屋は外観しか見たことがありませんでした。
内装のデザインも凝ってるんですね。
機会があったら見てみたいです。
買物は高級すぎてできないんでしょうけど(笑)。
Commented by gipsypapa at 2009-06-02 10:06
j-garden-hirasato さん、
なかなか素晴らしいでしょう?
個人的にはヴォーリズの大丸心斎橋店が一番好きですけど、
ここもいいですね。
このあと三越も行きましたが(もうすぐアップします)、
内部は高島屋のほうが見どころがありました。
そういえばデパートで買い物をすることはないですね。
<< 東京八重洲の寺田ビル JR亀崎駅舎 >>