半田市の天埜家洋館

c0112559_10173668.jpg
 半田市には国盛の中埜酒造のほかにも初夢桜の天埜(あまの)酒造があります。知多半島は江戸時代末期には、神戸・灘に次ぐ日本酒の生産地で、半田市にも数多くの酒造場があったそうです。天埜酒造は嘉永元年(1848)創業の老舗。その天埜酒造社長宅で明治20年代に建てられた洋館が建築当時のまま残っています。小高い丘の森の中に建つ、こじんまりした、明治を感じさせる方形屋根と玄関ポーチのある文化財級の洋館。木造平屋建て。

天埜家洋館 1887-(明治20年代)
設計・施工 : 不明
半田市亀崎町9
撮影 : 2008.7.12
c0112559_10183746.jpg
c0112559_10184970.jpg
 森の中にあります。少し探すのに苦労しました。
c0112559_10194946.jpg
c0112559_1020244.jpg
c0112559_10203459.jpg
c0112559_1020476.jpg
c0112559_1020575.jpg
c0112559_1021723.jpg
 一部下見板張りですが、壁はモルタル仕上げ。この時代では珍しいと思います。「蔵元探訪 天埜酒造」によると、この時代には珍しい木製の水洗トイレがあるということで驚き。建物内部の写真もここに載っています。
c0112559_10221530.jpg
 左側に今の本宅があります。古い洋館が大事に保存されていました。なお築年について、1901(明治34)年という情報もありますが、一番多く出てくる明治20年代を採用しました。いずれにしろ明治中期の築。
by gipsypapa | 2009-05-29 10:25 | 建築 | Trackback(1) | Comments(4)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/11639172
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 猫と薔薇、演劇、旅ファン at 2016-10-24 10:41
タイトル : 亀崎2旧伊東家酒造と中埜家洋館
旧伊東家酒蔵 名酒「敷島」は近年まで県下一を誇った。 その酒蔵は当地でただ一社酒造りを続ける「盛田金しゃち酒蔵」に隣接して現存し、延々と続く黒塀が往時の隆盛を想わせます。 銅版の扉が重厚 前回もご紹介した 天埜家洋館 カーブしているアプローチが{{yc047}}素敵 明治37年以降の竣工 7代目天埜伊左衛門が40歳ころのこと。 ...... more
Commented by j-garden-hirasato at 2009-05-29 21:57
明治20年代で、
こんな洋館を建てていたんですか。
びっくりです!
半田市って、何かすごいです。
Commented by gipsypapa at 2009-05-30 23:11
j-garden-hirasato さん、
もちろん私は見ていませんが、木製の水洗便所には驚きます。
いくら財力があったとしても、当時このような家を建てて
住むという発想には脱帽です。
Commented by hitomi at 2016-10-24 10:39 x
昨日、この洋館が公開されました。中には入れませんが室内の様子が少しわかりました。
Commented by gipsypapa at 2016-11-08 20:40
hitomi さん
公開?ほとんど注目されていないと思っていました。
これほど古い住宅は大変珍しいので貴重な体験をされたと思いますよ。うらやましいです。
<< JR亀崎駅舎 半田ハリストス正教会 イオアン... >>