半田ハリストス正教会 イオアン・ダマスキン聖堂

c0112559_1041568.jpg
 半田市の市街地から少し離れます。JR武豊線の乙川駅を北上したところに津嶋神社があり、その東側に、大正初期の珍しいハリストス教会がひっそりと建っています。行き方は↓のブログに出ています。
http://mppycckaya.exblog.jp/7561478/

 東京お茶ノ水のニコライ堂京都ハリストス正教会函館ハリストス正教会から想起するロシア風の教会建築とは全く違う、純和風の聖堂でした。当時の知多半島の宮大工が建てたものだそうです。木造平屋建て。

半田ハリストス正教会 イオアン・ダマスキン聖堂 1914(大正3)年
設計・施工 : 不明
半田市乙川西ノ宮町3-33
撮影 : 2008.7.12
c0112559_1065545.jpg
c0112559_107133.jpg
c0112559_1075737.jpg
c0112559_108754.jpg
c0112559_1082291.jpg

c0112559_109440.jpg
 御覧のようにキリスト教会とは思えない、普通の民家に見えます。知らなければ間違いなく通り過ぎるでしょう。私が訪ねた時は、手前の事務所と礼拝堂が改修中でしたが、今はそれも終わっているはずです。
by gipsypapa | 2009-05-28 10:10 | 建築 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/11632383
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by jobi at 2009-05-28 17:56 x
書かれている通り民家のようですね。入りやすい雰囲気で建築当時から地域に根ざした布教活動がされていたのでしょうね。内部はどんなんでしょう。
Commented by j-garden-hirasato at 2009-05-29 05:05
純和風の教会とは珍しいですね。
どこにでもあるような集会場に見えます。
何となくこういう建築様式になっちゃったのか、
布教をしやすいようにそうしたのか。
それとも、神父さんの好み?
Commented by gipsypapa at 2009-05-29 10:11
jobi さん、
この民家のような建物がイオアン・ダマスキン聖堂という名前とは。
内部?畳敷きかも知れませんね。
一般にハリストス正教会の内部には華麗な装飾があるので、
ここもあっと驚くようなものがあったりして。
とここまで書いてネットで検索したら、小さな写真ですがありました。↓
http://www.orthodoxjapan.jp/annai/n-handa.html
やはりただものではないです。
Commented by gipsypapa at 2009-05-29 10:15
j-garden-hirasato さん、
まったく不思議です。
もしかしたら住宅を買い取って教会にしたのかもしれませんね。
<< 半田市の天埜家洋館 日本福音ルーテル知多教会 半田礼拝所 >>