半田市の新美眼科医院旧館

c0112559_9381936.jpg
 薄いスミレ(ピンク?)色をした下見板貼りの洋館。明治時代に見えますが大正初期の築です。当時の洋館に多く見られる、寄せ棟屋根の和瓦葺きで、正面中央にのみ切妻面を持っています。玄関ポーチの上がバルコニーになっている本格的な建物。眼科医院にしては建物が大きいので、住居を兼ね、入院もできる総合医院だったのかも知れません。木造2階建て。

新美眼科医院旧館 1915(大正4)年
設計 : 小栗半右エ門
施工 : 江原新助 
半田市堀崎町1-28-1
撮影 : 2008.7.12
c0112559_9391643.jpg
c0112559_9394422.jpg
c0112559_94046.jpg
c0112559_9402323.jpg
 正面が見どころですが、手前に庭があり、高い木が茂って、やや建物が見にくい。
c0112559_940588.jpg
 細部には色々な装飾が施されて。
c0112559_941518.jpg
c0112559_9421389.jpg
c0112559_9423692.jpg
c0112559_9425589.jpg
 細い路地を裏に回ってみました。病棟らしい大きな窓があります。
c0112559_9431296.jpg
 現在は手前に新館が建っています。
by gipsypapa | 2009-05-26 09:45 | 建築 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/11618259
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2009-05-26 18:32 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by j-garden-hirasato at 2009-05-27 22:02
現役ではないんですか。
残念ですね。
でも、
ちゃんとPRできているので、
それでよし、でしょうか。
Commented by gipsypapa at 2009-05-28 09:57
j-garden-hirasato さん、
医院の役目が終わって住居として使われているようです。
よく手入れされて使われていますね。
<< 日本福音ルーテル知多教会 半田礼拝所 半田市の大沢歯科 >>