松華堂菓子舗

c0112559_1125693.jpg
 こちらも道路のカーブに沿った形に建てられている和風の看板建築。前面の店舗部分は薄い作りです。主屋は後ろに隠れていますが完全な和館。木造2階建て。

松華堂菓子舗 1928(昭和3)年
設計・施工 : 不明
半田市御幸町103
撮影 : 2008.7.12
c0112559_1126113.jpg

by gipsypapa | 2009-05-24 11:27 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/11604425
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2009-05-25 05:40
和建築に和風の看板建築、
敢えて看板建築にする必要があったのでしょうか。
当時の流行だったのかなあ。
Commented by gipsypapa at 2009-05-25 10:18
j-garden-hirasato さん、
和菓子屋ですから普通の和館でもいいですよね。
ただ、各地に似たような、表面だけ洋風にして、実は和館というのがありますね。
典型的な建物を愛媛で見ました。
旧郵便局で、道路に面した2つの方向から見ると
まったくのコンクリートの洋風郵便局。
それが表面部分だけなのです。
面白いので、いつになるかわかりませんが、アップする予定です。
<< 半田市の大沢歯科 日の出食堂 >>