鶴舞公園普選壇(御誓文記念壇)

c0112559_222521.jpg
 鶴舞公園にはもう一つ古い建造物があります。1925(大正14)年の普通選挙法の成立を記念して、名古屋新聞社(現・中日新聞社)より寄贈された野外劇場で、初の選挙が実施された昭和3年に建てられました。

 五ケ条の御誓文の青銅版のあるステージと木製のベンチや芝生席があります。設計は早稲田大隈講堂や日比谷公会堂で知られる佐藤功一。名古屋市都市景観重要建築物の鉄筋コンクリート造、石張り。

鶴舞公園普選壇(御誓文記念壇)1928(昭和3)年
名古屋市都市景観重要建築物
設計 : 佐藤功一(顧問:坪内雄蔵)
施工 : 澤田巳一郎
名古屋市昭和区鶴舞1
撮影 : 2008.7.12
c0112559_2241487.jpg
c0112559_2242528.jpg
壇上壁面には青銅版。中央は五箇条の御誓文、左がその英訳、右は建設の趣旨が書かれていました。
c0112559_225101.jpg
c0112559_2252120.jpg
c0112559_2253132.jpg
演奏会なども行なわれることがあるそうですが、さすがに野外は雨のリスクがあるので、使われることは少ないようです。普段は近所の人たちが囲碁や将棋を楽しむコミュニティ広場です。この日もやってました。暑い日でしたので、皆さん日陰に固まっていますね。

 これで一旦名古屋市内を終わって、次回から知多半島の半田市へ行きます。
by gipsypapa | 2009-05-09 22:09 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/11502202
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2009-05-10 06:44
普選壇って、「普」通「選」挙からの命名なんですね。
野外ステージのことを、
昔はそう呼んでいたんかと思いました。
造られた経過が経過だけあって、
実に堂々としています。
こんな立派な野外ステージは、
国内では、他にはないでしょうね。
Commented by gipsypapa at 2009-05-10 18:26
j-garden-hirasato さん
はい、普通選挙の略が名前になっています。
雨の多い日本では野外ステージは少ないですよね。
私も南フランスのジプシーバンドを呼んでライブをやるのが
年中行事になっていますが、さすがにここは
中止の心配があるので、使えませんね。
<< 半田赤レンガ建物:旧丸三麦酒ビ... 鶴舞公園奏楽堂 >>