創価学会戸田平和記念館

c0112559_931523.jpg
 横浜山手の散策が終わり、下に降りて山下公園に着いた頃はもう夕方でした。中華街で夕食をとることにしていたので、時間待ちです。かなりの距離を歩いたので疲れ気味で、近くに数多くある有名な建物群を見る気力が残っていませんでした。また次回ということにして、山下公園周りだけにしました。

 この建物はイギリス系海運・貿易商社バターフィールド&スワイヤ商会の事務所でした。山下公園通り沿いに唯一残っている関東大震災前の外国商館だそうです。前面だけが残っていますが、もともとは裏通りまで続く長い建物だったとか。現在は創価学会の戸田平和記念館として一般公開されています。外見はレンガ造りに見えますが、実はレンガタイル貼り。横浜市認定歴史的建造物の鉄筋コンクリート造り2階建て。

創価学会戸田平和記念館
旧イギリス7番館(旧バターフィールド&スワイヤ商会)
1922(大正11)年
横浜市認定歴史的建造物
設計・施工 : 不明
横浜市中区山下町7-1
撮影 : 2008.10.11
c0112559_9321442.jpg
c0112559_9322675.jpg
 玄関左脇にある「旧イギリス7番館」のプレート。
c0112559_9343956.jpg
c0112559_9331798.jpg
c0112559_9332543.jpg
c0112559_9334471.jpg
c0112559_934191.jpg
 入場無料なので入ってみましたが、展示用に内装が壁面を覆っているので、建物的には見るべきものはありませんでした。
c0112559_9343348.jpg
 夕闇が迫ってきて、お腹の準備も整ってきました。
by gipsypapa | 2009-04-17 09:38 | 建築 | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/11344104
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2009-04-19 14:03
外壁に石とレンガが使われていますが、
石だけだとかなり重厚な感じになりますが、
レンガが入ると少し軽快さが加わって、
それはそれでいいものです。
残されているのが一部分なのが残念です。
Commented by gipsypapa at 2009-04-19 17:26
j-garden-hirasato さん、
1部しかないのでこじんまりしていますが、
昔の外国商館の雰囲気が感じられます。
取り壊しの危機があったらしいので、
残っているだけでも幸せなんでしょうね。
Commented at 2016-03-24 20:10
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-03-25 12:01
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by gipsypapa at 2016-04-07 14:33
tomotiyoo さん
どういたしまして。
<< 山下公園のインド水塔 横浜山手本通りの住宅 >>