旧アイリン・ヴェロス邸(山手46番館)

c0112559_14492918.jpg
 山手本通りを歩いていると必ず遭遇する洋館です。通りに面して白い木造の横に広がっています。この建物は外国人向けの住居だったそうですが、現在は人が住んではいないようで、イベントや映画の撮影等に使われているそうです。左右にそれぞれ煙突、寄棟造の屋根、白い菱形のくり抜きのある鎧戸、外壁に蔦が絡まって明るいイメージの木造2階建て。

旧アイリン・ヴェロス邸(山手46番館) 1930(昭和5)年
設計・施工 : 不明
横浜市中区山手46
撮影 : 2006.4.30 & 2008.10.11
c0112559_1450492.jpg
c0112559_1451344.jpg
 ↑の2枚の写真は3年前に撮ったもの。何かの撮影をやっていました。ファッション雑誌かな。
c0112559_14544570.jpg
c0112559_14532585.jpg
c0112559_14533862.jpg
 山手本通り側は裏になります。「46」が表示された通用口。
c0112559_14554658.jpg
c0112559_14573077.jpg
 真白な壁や鎧戸に蔦が絡まって。
c0112559_14565985.jpg
c0112559_14571092.jpg
c0112559_14585475.jpg
c0112559_1459988.jpg
 裏側が正面でしょうね。
by gipsypapa | 2009-04-14 15:03 | 建築 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/11324509
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by sy-f_ha-ys at 2009-04-14 21:18
この洋館、テレビや雑誌などで結構登場していますね。
裏側はどうなっているのかな~、とずうっと思っていたのですが・・・・、
あれ、入っちゃったんですね(^v^)
Commented by j-garden-hirasato at 2009-04-15 05:52
内部の公開がないのが残念ですが、
外観だけでも見応え(撮り応え)がある建物ですね。
ツタの緑と外壁の白のコントラストが見事です。
撮りに行きたいですね。
Commented by gipsypapa at 2009-04-15 11:00
sy-f_ha-ys さん、
やはりいろいろなメディアで出てくるのですね。
裏側はですね、今回この前を2回通ったのですが、
2回目のときにちょっとしたご年配の団体さんが
ガイドの人に説明を聞いているのに遭遇しました。
その後ろについて行ったので、裏を見ることができたのです。(^^)
少し遅れてついて行って、人影を入れないようにするのは苦労しましたが。
Commented by gipsypapa at 2009-04-15 11:02
j-garden-hirasato さん、
さすがに内部は見れませんでした。
何かイベントでもありそうな建物なのでチャンスはあるかも。
実際に3年前の写真では通りの引き上げ窓が開いていますね。
このときは中も使っていたのでしょう。
<< 山手76番館 横浜市イギリス館 >>