山手89-6番館(えの木てい)

c0112559_13271311.jpg
 2年前は素通りした「えの木てい」。今回は山手散策のほぼ中ほどの行程ということもあって、一休みしていくことにしました。

 元は外国人向けに建てられた住宅で、現在は1階のリビングルームが喫茶店に使われています。また2階には個室もあるようです(要予約)。c0112559_13312681.jpg

 前回アップした時は設計者不明としていましたが、いろいろなネット情報で山手234番館を検索していると、この建物も同じ朝香吉蔵の設計というのがあったので、採用します。ただ朝香吉蔵で検索すると山手234番館しか出てこないのが気がかりですが。

 赤い木枠に白の上げ下げ窓がいかにも山手の洋館という雰囲気のある建物でした。木造2階建て。

山手89-6番館(えの木てい)1927年(昭和2)年
設計 : 朝香吉蔵
施工 : 宮内建築事務所
横浜市中区山手町89-6
撮影 : 2008.10.11
c0112559_13341097.jpg
c0112559_13342932.jpg
c0112559_1333198.jpg
c0112559_1335882.jpg
c0112559_1335275.jpg
c0112559_13342023.jpg
c0112559_1336852.jpg
 ケーキと紅茶は美味しかったです。
by gipsypapa | 2009-04-07 13:39 | 建築 | Trackback(1) | Comments(4)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/11273158
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 横浜ブログ at 2012-07-04 22:26
タイトル : 横浜山手の名物お菓子と言えばこれ!おしゃれな西洋館の中に..
先日、横浜山手をぶらっと散歩したついでに西洋館の中にあるカフェへ立ち寄りお菓子を買って帰ることにしました。 今回立ち寄ったのは「えの木てい」というお店です。 場所はみ ...... more
Commented by j-garden-hirasato at 2009-04-08 20:20
後世に残る建築物を設計すること、
建築家の夢でしょうね。
自分が生きている間に認知されれば、
最高ですね。
Commented by gipsypapa at 2009-04-09 09:19
j-garden-hirasato さん、
同感です。残せることができた(る)建築家は幸せです。
ドイツのノイシュヴァインスタイン城は有名な建物ですが、
政治をそっちのけで趣味に走ったといわれる悪名高い
バイエルン王ルートヴィヒ2世の名前は残しています。
私は何も・・・
Commented by 座敷わらし at 2012-12-14 22:23 x
あの、えのきていかぁ。
丘公園から、エリスマン亭とフランス山がよく行くコースだったな。
Commented by gipsypapa at 2012-12-15 21:26
座敷わらしさん
それってデートでしょうね。
つい最近横浜を再訪しました。
今度は下界を少し探索でした。
<< 横浜外国人墓地正門 横浜市山手町のC邸 >>