横浜市山手町の宇田川邸

c0112559_1345840.jpg
 BEATTY邸の側面の写真を撮るため移動したら、裏側に大きな切妻屋根のある古い洋館が隣接していました。そしてその一角には同年代の住宅が固まって建っているのを発見。これらもやはり横浜市認定歴史的建造物の洋館群だったのです。横浜では数少ない大正期の洋館、木造2階建て。

宇田川邸(山手69番館 ) 1925(大正14)年
横浜市認定歴史的建造物
設計・施工 : 不明
横浜市中区山手町
撮影 : 2008.10.11
c0112559_1372724.jpg
 この細い路地の両側に古い洋館が並んでいます。右が宇田川邸。
c0112559_137263.jpg
c0112559_138535.jpg
c0112559_137518.jpg

c0112559_17152188.jpg
 シンプルな玄関ポーチ。
c0112559_1391276.jpg
c0112559_1393862.jpg
 白いドイツ壁が美しい。大正末期とは思えないほど、よく手入れされています。
by gipsypapa | 2009-04-02 13:11 | 建築 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/11236306
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by sy-f_ha-ys at 2009-04-02 23:55
gipsypapaさま、こちらの通りにも行かれましたか!
一般の住宅ということもあり殆ど紹介されていませんが、69番地の小路に並ぶ洋館は壮観ですよね。次はどちらを紹介されるか楽しみにしております(^-^)
Commented by j-garden-hirasato at 2009-04-03 06:55
横浜も面白いですね。
一角にレトロな建物が集まっているんですか。
宅地開発されたのが同じ時期なんでしょうけど、
そのまま建物が残っているが、
すごいです。
Commented by gipsypapa at 2009-04-03 10:08
sy-f_ha-ys さん、
ブログに書いた通り、偶然見つけました。
後で調べると少ないながらも情報がありました。
帰ってから見逃しがあることが気付くのが多々ありますが、
今回はここを発見してよかったです。
しかし、まだ少し見逃しがあるのですよねぇ。
Commented by gipsypapa at 2009-04-03 10:13
j-garden-hirasato さん、
先に紹介したフェリス女学院6号館別館も住宅と思われます。
ここを含め、山手本通りから南に入ったこの一角は
ある時期に開発された高級住宅地じゃないでしょうか。
もちろん間に新しい建物がありますが、特にこの
宇田川邸の一角はそのまま残っています。
<< 横浜市山手町の石橋邸 横浜市山手町のBEATTY 邸 >>