ホテルニューグランド旧館

c0112559_1341598.jpg
 今日からしばらく横浜をやります。

 昨年紹介した8月の鎌倉散策の後、次の日は横浜へ移動して、ここに宿泊しました。ホテルニューカマクラとここ、レトロホテルの連泊です。前から気になっていたホテルで、調べると季節(真夏です)のせいか、泊ってみたかった旧館が格安でした。シャワーだけでバスタブはありませんが、これで十分。10月にも横浜に行ったので、もう一度泊まろうかと思ったのですが、この時期はかなり高くなっていたので、断念。一応近くを通った時に旧館のロビーだけを再び見てきました。

 山下公園の真向かい、中華街に近い横浜のランドマーク的なクラシックホテル。前身の建物が関東大震災によって倒壊したため、横浜の政財界が総力をあげて開業させたという、横浜を代表するホテルです。比較的大人しい、ヨーロッパのホテルのような外観。しかし、ここの見どころは内部です。

 旧館の玄関は公園側にありますが、ホテルのフロントは背面にある新館側にあります。この旧館の玄関を入ると目の前に大階段があり、そこを上って2階ロビーに出ると、息を飲むような華麗な空間が現れます。天井、柱や照明器具をはじめとしたインテリアに東洋趣味が見られる豪華なロビーやホールが昔のまま保存されています。

 設計は渡辺 仁(わたなべ じん)。作品のスタイルは、古典主義をはじめ、表現派、東京国立博物館のような帝冠様式、原美術館を代表とする初期モダニズムまで、多岐にわたっています。主要作品は和光(旧服部時計店)、東京国立博物館(旧東京帝室博物館)、第一生命相互館、原美術館(原邦造邸)など。横浜市認定歴史的建造物の鉄骨鉄筋コンクリート造5階建て。

ホテルニューグランド旧館 1927(昭和2)年
横浜市認定歴史的建造物
設計 : 渡辺仁
施工 : 清水組
横浜市中区山下町10
撮影 : 2008.8.3 - 8. 4 & 2008.10.11
c0112559_134435100.jpg
 ヨーロッパのホテルのようです。
c0112559_13452191.jpg
 AD 1927”と刻まれたメダリオン。
c0112559_13462364.jpg
c0112559_1348589.jpg
c0112559_13484025.jpg
c0112559_1349440.jpg
c0112559_13492919.jpg
 パティオがあります。
c0112559_13502958.jpg
 玄関を入ると目の前に大階段。
c0112559_1352036.jpg
 階段を上ると正面にエレベータとクラシカルな時計。
c0112559_13512879.jpg
c0112559_13515346.jpg
c0112559_13522020.jpg
c0112559_13525174.jpg
 2階のロビー。本来はここがフロントでした。現在のフロントは新館にあり、賑わっていますが、こちらは対照的にホテルの従業員の姿もなく、がらんとしていました。
c0112559_1354105.jpg
c0112559_13543536.jpg
c0112559_1356456.jpg
c0112559_13553688.jpg
 イタリア製タイル貼りの階段。1階部分は大きな階段のためにスペースがなく、ほとんど地下室のようです。この奥にパティオに出るドアがあります。
c0112559_13581050.jpg
c0112559_13583763.jpg
c0112559_13585970.jpg
c0112559_13591848.jpg
c0112559_1359477.jpg
c0112559_1413353.jpg
c0112559_1404924.jpg
c0112559_1411175.jpg
 再び2階へ。ロビーは天井が高く広々としていますが、人の気配がありません。しばらくいましたが、見物に来たのは数人しかいませんでした。巨大な柱はマホガニーだそうです。並んでいるテーブルや椅子も格調高い木製。
c0112559_14115193.jpg
c0112559_14104382.jpg
 外国人向けホテルだからでしょう、東洋趣味のインテリアが多い。
c0112559_14195714.jpg
 宿泊した役得でした。何回かロビーを通っていたら、たまたま結婚式場の下見でしょう、大広間の扉が開いていました。昭和初期のモダニズムをそのまま残すレインボーボールルーム。どさくさにまぎれて中を見せてもらいました。
c0112559_14234990.jpg
c0112559_14253783.jpg
c0112559_14251595.jpg
c0112559_14254410.jpg
 華麗な白いと金色をあしらったヴォールト天井に手の込んだ花模様を間接照明が照らして美しい。
c0112559_14275542.jpg
c0112559_14281661.jpg
 旧館宿泊スペースの廊下と階段。
c0112559_1427407.jpg
c0112559_14281563.jpg
 次は山手を散策します。
by gipsypapa | 2009-03-17 14:35 | 建築 | Trackback(1) | Comments(6)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/11119572
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ぱふぅ家のサイバー小物 at 2014-01-02 09:41
タイトル : 【ネットができる宿|三嶋大社を見に行こう】ホテルニューかのや
楽寿園、三嶋大社を見に行くのに便利。... more
Commented by j-garden-hirasato at 2009-03-18 06:13
外観も内装も圧巻ですね。
梁にまで模様が施されています。
こういうホテルに一度でいいから、
泊まってみたいですね~。
格安といっても、それなりだったんでしょ?
Commented by gipsypapa at 2009-03-18 09:32
j-garden-hirasato さん、
私が泊ったのは8月の、しかも日曜日でしたので特別でしょう、
7,300円でした。
他の曜日は高かったという記憶があります。
今の季節の最安は9,500円になっていますね。
Commented by ひろ009 at 2009-03-18 23:33 x
いやはや、素晴らしいですね。
横浜で宿泊する機会があれば、絶対ここに泊まりたいです!
Commented by gipsypapa at 2009-03-19 11:30
ひろさん、
これだけの格調があって、それなりの値段で泊まることができるのは貴重です。
宿泊しなくても、ロビーは自由に出入りできますので、一度見てください。
Commented by beaver at 2009-03-20 11:03 x
素敵なホテルですね。最新式の無味乾燥としたホテルより、このようなところに泊まりたいです。階段の電灯を下から見ると、二つ巴というのが意外でいいですね。  
Commented by gipsypapa at 2009-03-23 09:08
beaver さん、
私は気に入っています。
ただその時は仲間が何組か同宿しましたが、
女性陣には、この旧館ロビーは怖いという人がいました。(笑)
<< 山手26番館近くのレストラン 高槻の横山医院 >>