大阪医科大学管理棟

c0112559_1621668.jpg
 東門を入ると中央資料館の反対側に木造の建物があります。これも同時期に建てられ、旧京都帝国大学化学研究所の管理棟だったもの。今は大阪医科大学管理棟となっています。中央資料館に比べるとちゃんと保守されていますが、ここにも人の気配はありませんでした。T字型に配置された木造平屋建て。

大阪医科大学管理棟
旧京都帝国大学化学研究所管理棟 1929(昭和4)年
設計・施工 : 不明
高槻市大学町12-7
撮影 : 2008.12.19
c0112559_1645396.jpg
東門から見て左側にあります。大きな門扉は閉まっていますが、見えている小さな通用門は出入りできることがわかりました。
c0112559_1654286.jpg
c0112559_1661385.jpg
c0112559_1662478.jpg
c0112559_1663618.jpg
 昔よく見かけた学校らしい和風の建物。
c0112559_167345.jpg
c0112559_1674454.jpg
 きれいに掃除がされていますが、誰もいる気配はありませんでした。
c0112559_1681768.jpg
 明日からは、大阪医科大学の周辺にある住宅を紹介します。
by gipsypapa | 2009-03-08 16:08 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/11052063
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2009-03-09 06:37
構内の管理のための施設でしょうね。
管理人のおじさんの休憩室かなんかがあるんでしょうか。
普通ならプレハブ小屋かなんかでしょうが、
立派過ぎる管理棟です。
Commented by gipsypapa at 2009-03-09 09:38
j-garden-hirasato さん、
やかんと箒を持ったおじいさんが出てきそうな建物でした。
エアコンの室外機がありますので、
今も使われてはいるのでしょうが、
掲示板のようなものもなかったです。
<< 高槻の住宅1 大阪医科大学中央資料館 >>