安治川隧道エレベータ塔

c0112559_114310.jpg
 近年、関西で通勤している人は、JR西日本は電車の遅れが頻発していることを実感していると思います。4年前に発生し107名の死者を出したJR福知山線脱線転覆事故以来、安全第一主義が徹底された影響なのですが、それ以降は延着が日常化しているような印象を受けるのは私だけでしょうか。

 車内放送で遅れの原因を聞いていると、車両点検、急病人、線路や踏切の点検、人身事故などが多いようです。暖冬のせいか、かつて多かった雪による遅れは少なくなりました。

 関東や中部圏の状況はよく知りませんが、大阪を中心とした関西圏は、安全第一主義への方針変換とともに、構造的な問題が拍車をかけています。

 それは関西国際空港の開港にともない、15年前に運転開始した「特急はるか」によるものです。大阪は北側に京都と神戸を結ぶ東海道線(京都線と神戸線)、大阪環状線、環状線の天王寺から奈良へつなぐ大和路線、同じく天王寺から和歌山へつなぐ阪和線があります。「特急はるか」は京都から東海道線を通り、大阪環状線を経由、阪和線を通って関西国際空港へ、3つの主要線を使います。大阪市内のJRは環状線しかない、東京のような中央線に相当するルートがないのがネックになっています。

 これによって、どの線で遅れの理由が発生しても、「はるか」乗り入れのため、すべての線が影響を受けるようになってしまいました。特に環状線は上下線しかなく、追い抜きができないため、このような不自由な状況になってしまいました。かつて欧米人が驚いた日本の鉄道の Punctuality (時間の正確さ)は、今となっては過去のものなってしまい、唯一誇れるのは新幹線だけになってしまったのではないでしょうか。

 前置きが長くなりましたが、ここはブログなのでお許しください。この安治川トンネルを見たのはJRの事故が原因でした。私は大阪駅から環状線で弁天町駅まで行って、地下鉄の中央線に乗り換えるのが通勤ルートなのですが、この日は環状線内で人身事故が発生したため、弁天町のひとつ前の駅、西九条で電車が止まってしまいました。人身事故の場合は復旧に時間がかかるので、ここで他の手段で地下鉄に乗らなければなりません。

 この西九条で足止めされたのは、これが2回目。前回は影響なく動いていた、環状線の支線である桜島線(通称、ゆめ咲線:ユニバーサルスタジオ駅がある線)に乗って、終着の桜島駅まで行き、天保山の渡し船で安治川を渡って、徒歩で地下鉄中央線の大阪港駅に行きました。

 今回は別ルートを通ることにし、西九条駅からこの安治川トンネルを歩いて渡って、中央線の九条駅に向かいました。

 安治川隧道(安治川トンネル)日本初の沈埋工法によって作られた川底トンネル。現在は歩行者と自転車しか渡ることが出来ませんが、昔は自動車用のトンネルもあったそうです。地下15メートルまで階段とエレベータで乗降する構造です。この建物はアプローチ用エレベータ塔が両岸に対で建てられています。鉄筋コンクリート造り、5階建て。

安治川隧道エレベータ塔 1944(昭和19)年
設計 : 大阪市
施工 : 不明
大阪市西区安治川1-2~此花区西九条2-1
撮影 : 2008.11.25
c0112559_1162153.jpg
c0112559_1163690.jpg
 西九条側のエレベーター塔(北側)。
c0112559_1175235.jpg
c0112559_118340.jpg
 川底トンネル。ひんやりしています。利用者は自転車が思ったより多いです。エレベーターは自転車が優先なので、下りは階段を使いました。
c0112559_11102588.jpg
c0112559_11103493.jpg
 反対の安治川側。まったく同じ設計の建物。
c0112559_11113242.jpg
 安治川から見た建物裏側の方が優れていますね。

データによると1935(昭和10)年に着工して1944(昭和19)年に開通しています。昭和19年といえば、終戦1年前。物資不足のこの頃に工事が進められて完工したというのは驚きです。
by gipsypapa | 2009-03-02 11:18 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/11004943
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2009-03-04 06:46
橋より地下道を選択したんですね。
これも戦争の影響でしょうか。
Commented by gipsypapa at 2009-03-04 09:57
j-garden-hirasato さん、
そうかもしれませんね。
川底トンネルはここしかないと思いますが、
大阪には渡し船が今も8か所あります。
市営ですべて無料です。
これらは橋を掛けるより安上がりだったのが理由です。
<< 鹿児島銀行大阪支店 豊中市岡町の住宅2 >>