大阪大学共通教育本館

c0112559_13514239.jpg
 箕面からの帰りに阪急石橋駅で下車。待兼山という丘陵地帯にある大阪大学の豊中キャンパスに立ち寄りました。ここに国の登録有形文化財の建物が2棟あります。

 まずは共通教育本館。昭和初期に旧制浪速高等学校校舎としてとして建てられたものでL字形の校舎です。尖頭形の窓や塔屋部がネオゴシック風とされていますが、古い感じは受けず、シンプルでモダンな印象です。登録有形文化財の鉄筋コンクリート造4階建。

大阪大学共通教育本館 
旧制浪速高等学校校舎
1929(昭和4)年
登録有形文化財
設計 : 大阪府営繕課
施工 : 大林組
大阪府豊中市待兼山町1-1
撮影 : 2008.12.29
c0112559_13525662.jpg
 坂道を登って行くと白い建物が見えてきます。古さを感じません。右側の南棟が4階建、左の北棟は3階建てです。
c0112559_13535360.jpg
c0112559_13541460.jpg
c0112559_1354403.jpg
c0112559_135546.jpg
 最上階の5角形の尖頭窓と、縦の線を強調したデザインが特徴になっています。
c0112559_1356630.jpg
c0112559_13562461.jpg
c0112559_13564238.jpg
 この日は年末の休校日で玄関が閉まっていましたが1階部分に大阪大学総合学術博物館の展示室が開設されているので、普段は少なくともロビーには入ることができそうです。
c0112559_13582450.jpg
 玄関のガラス越しにロビーを。
c0112559_13591590.jpg
c0112559_13593469.jpg
c0112559_13595461.jpg
c0112559_1402281.jpg
 L字型の裏側に廻って。
c0112559_1413784.jpg
c0112559_142244.jpg
c0112559_1422583.jpg
 待兼山と中山池のある緑あふれるキャンパスです。
by gipsypapa | 2009-02-16 14:06 | 建築 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/10895811
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ゼク at 2009-02-16 17:34 x
この尖がった窓が戦前の雰囲気を醸し出してますね~~!!
古さは感じませんが、やはり風格はありますね!!
内部の写真もありますがやはり手が混んでいて素晴らしそうです!
Commented by j-garden-hirasato at 2009-02-17 06:30
扉とか窓枠を見ると年代物だと分かりますが、
外観を眺めるだけなら、
ホント不思議なくらい古さを感じませんね。
Commented by gipsypapa at 2009-02-17 09:41
ゼクさん、
同じ国立大学でも東大や京大は重厚な建物ばかりですが、
この建物は外壁の白色や窓枠の濃紺色のせいか軽やかな感じです。
内部も見たかったですが、仕方がありません。
Commented by gipsypapa at 2009-02-17 09:45
j-garden-hirasato さん、
窓枠が洒落ていますね。
細部だけを見ると教会かなにかのような。
全体はちょっと見ただけでは昭和初期とは思えないです。
<< 大阪大学総合学術博物館(大阪大... 箕面の高橋家住宅 >>