和朗フラット 4号館

c0112559_10403793.jpg
 こちらは最後に建てられた4号館。西海岸の明るいスパニッシュ・コロニアル風でしょうか。こちらは白い漆喰塗りの壁や木製窓枠、各戸ごとに形の異なる玄関ドアなど、1・2号館よりさらに洗練された素晴らしい建物です。木造2階建て。

 ちなみに Google Map で↓の住所を入力すると、いきなりストリートビューにこの建物が現れますので、一度見てください。お勧めします。この通りは露地のような狭い道ですが、こんな道にも Google の撮影車両が入ったのは驚きです。少し北へ移動すれば1・2号館も出てきます。

 また4号館のホームページには内部写真があります。そしてなんと入居者募集も。女性専用のようですが、かなり安い。こういうアパートに住みたいですね。

和朗フラット 4号館
旧和朗フラット 5号館 
1936(昭和11)年
設計 : 上田文三郎(自家設計)
施工 : 不明
東京都港区麻布台3-3-23
撮影 : 2008.10.13
c0112559_10424923.jpg
c0112559_1043826.jpg
c0112559_10433583.jpg
c0112559_10434689.jpg
 緩やかな曲線が魅力的です。白壁とグリーンの窓枠の色の対比も見事。どう見ても日本じゃない風景ですね。
c0112559_10454859.jpg
c0112559_1045599.jpg
c0112559_1046730.jpg
c0112559_10462571.jpg
 各戸毎にドアのデザインが違っています。これなら酔っ払って帰っても間違わないでしょう。
c0112559_1046379.jpg

c0112559_10472686.jpg
 窓の形も多様で美しい。
c0112559_10481121.jpg
c0112559_10482568.jpg
c0112559_10483651.jpg
c0112559_10484574.jpg
 南端の庇の付いた玄関ポーチのある部分は「ベジタリアンカフェ ひなぎくきつね」というカフェです。開店日限定ですが、HPを見て狙っていけば内部も見ることができるでしょう。
c0112559_10494639.jpg
 昭和初期にこのようなものが建てられたことは驚きです。個人の住宅だったら、財産家の趣味が高じて、と思うでしょうが、これが庶民向けのアパートなのです。上田文三郎さんはすごいです。
by gipsypapa | 2009-01-28 10:56 | 建築 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/10734531
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ゼク at 2009-01-28 13:44 x
しかし、このアパートは手が込んでますね!随所に手作りの素晴らしさが出ていますね!
ドアや窓の形が全部微妙に違うのは設計者の深い拘りだと思います。
確かに建築学科の学生なんかが住むのには最高だと思います!
Commented by ぴろりん at 2009-01-28 22:11 x
わくわくしますね~!
1・2号館できゃ!って思いましたが4号館がupされるのを待ってました。
住みたい住みたい!!!仕事3月でやめよかな(笑)
Commented by gipsypapa at 2009-01-28 22:16
ゼクさん、
これも素人だからできたことかも知れません。
正面ファサードの多様さもあります。
前の道が狭いのでアングルが限られていてわかりにくいのですが、
屋根はちゃんと切り妻です。側面には下見板がちらりと見えています。
これだけ部分的に違った意匠を組み合わせるのは、手間と金がかかったはずです。
大工さんと相談しながらの手作りだったのですね。大工さんたちも苦労したでしょう。
Commented by gipsypapa at 2009-01-28 22:19
ぴろりん さん、
どうも空き部屋は1室ではなく複数の住人を募集しているようですね。
その気になれば入れるかも。
でも東京にいくには仕事を変えるしかないですね。(笑)
Commented by j-garden-hirasato at 2009-01-29 06:16
ここだけ異空間ですね。
でも、楽しい異空間です。
こういうアパートに住んでみたいですね。
住んでいるだけで、
毎日が楽しめそうです。
Commented by gipsypapa at 2009-01-29 09:43
j-garden-hirasato さん、
こういうところに住むというのは、少なくとも若いころは夢でした。
現実は違いました。
ただ部屋の広さとかわかりませんが、東京のど真ん中にしては
家賃が安いですね。
今は女性の入居者を募集しているようですが、
若い男性がドアを開けて出てくるのを見ましたので、
住人は女性ばかりではないようです。
Commented by sy-f_ha-ys at 2009-01-29 22:12
あの六本木から歩いて数分の場所に、戦前築のモダンアパートが残っているというのも凄いことです!。
あとロシア大使館の隣にふる狸穴坂も、木造の和風邸宅が残っていたり、昔の東京の風情を残した素敵な場所です。
今度、久しぶりに和朗フラット行ってみようかなと思いました。
Commented by gipsypapa at 2009-01-30 10:13
sy-f_ha-ys さん、
狸穴坂?そこは知らなかったです。
確かに坂があったような。
「久しぶりに」ということは、すでに行かれたことがあるのですね。
さすがです。
Commented by ぴろりん at 2009-01-30 21:32 x
HPの募集のところに洋間6畳って書いてあったよ (^^)
来週東京に行きますので行ってこようと思います。
このあたりに住んでいるような顔をして歩きたい(笑)
Commented by gipsypapa at 2009-01-30 23:26
ぴろりんさん、
6畳一間?むむ・・・玄関ドアが1階に別々にあるので、
1・2階は1軒で中に階段があるのかと思いました。
ここに行くのですか?! ブログに写真は載せていませんが、
前に掲示板があって、入居者募集の張り紙がありました。
入居希望者のふりをして、中を見せてもらって、写真を撮ってきてください。(笑)
<< 麻布郵便局 和朗フラット 1・2号館 >>