和朗フラット 1・2号館

c0112559_10242723.jpg
 この建物はネットではあまり見かけませんが、「近代建築散歩 東京・横浜編」という本で見つけ、ぜひ見たかったものです。そしてその期待は裏切られませんでした。

 アメリカ西海岸の雰囲気を感じる「和朗フラット」という、木造・洋館造りのアパートです。1936年(昭和11年)以前に、賃貸の集合住宅として、全5棟が建てられました。和朗(わろう)という名称は、ここに住む人たちが、和(なご)やかに朗(ほが)らかにすごせるように願ってつけられたそうです。

 5棟のうち、当初の1番館は東京大空襲で焼失。その後、番号が繰り上がり、現在、1号館・2号館と4号館の3棟が、それぞれ別々の管理のもとに、今も現役のアパートとして使われています。

 設計者は、建築主の上田文三郎。建築を学んだ人ではないようですが、住宅の設計・建築が趣味のひとつだったそうです。アメリカ旅行で見た建物や、外国の建築雑誌などの知見から生まれたものでしょう。趣味を楽しみながら、大工さんと相談しつつ、1年~2年ごとに1棟ずつ建てていったといわれています。

 1号館・2号館は隣接していて、4号館は別棟です。まず古い方の1.2号館から。ベージュ色の漆喰を塗った壁や木製窓枠など、いつまでも見ていたい素晴らしい建物です。木造2階建て。

和朗フラット 1・2号館
旧和朗フラット 2・3号館 1930~34(昭和5~9)年
設計 : 上田文三郎(自家設計)
施工 : 不明
東京都港区麻布台3-3-25,26
撮影 : 2008.10.13
c0112559_10254767.jpg
c0112559_10255658.jpg
 こちらは1号館。
c0112559_10262623.jpg
 
c0112559_10263660.jpg
 1号館と2号館の間に路地があります。屋根のついた門をくぐって奥の方まで行ってみました。かなり奥が深いです。
c0112559_1027136.jpg
c0112559_10272183.jpg
c0112559_10275256.jpg
c0112559_1028021.jpg
c0112559_10281041.jpg
 路地の奥はこんな感じ。
c0112559_10293736.jpg
 再び表へ出ました。
c0112559_10295039.jpg
c0112559_10295936.jpg
c0112559_1030973.jpg
 再び表に出て2号館の方へ。
c0112559_10312194.jpg
c0112559_10314013.jpg
c0112559_10315362.jpg
 2号館の東側から。
c0112559_10325527.jpg
 次回は少し後に建てられた4号館を。意匠的にはさらに見どころがあります。
by gipsypapa | 2009-01-27 10:37 | 建築 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/10725920
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ゼク at 2009-01-27 11:29 x
70年以上も前に建てられたとは思えないほど外観は斬新ですね!
しかし中に入るところには松があって海岸の家をイメージさせて
くれますね!
Commented by gipsypapa at 2009-01-27 17:44
ゼクさん、
いいでしょう、この建物。
素人だからできたのでしょうが、お金もかかったのではないかな。
次の4号館はもっとすごいですよ。
Commented by ゼク at 2009-01-27 18:23 x
僕は学校を出て建築会社に勤めたんですが、新しいものを建てると
言う事は同時に旧き良き時代のものを壊すということになるんですよね。
何回、素晴らしい旧家を解体したことか・・・・。
心の中では勿体ないとおもいつつ施主さんは新しい家に夢を持っています。
もちろん、管理や施錠なんかも80年前の家より安全なんですが、
本当に値打ちのあるのは古いほうですよ!とは死んでも言えませんし・・・。
特に吹田の旧家の解体のときには素晴らしい洋間があり、それを
潰すときには泣きそうになりましたよ・・・。
次の4号館待ってます!
Commented by j-garden-hirasato at 2009-01-28 06:27
いや~、驚きです。
アパートでまだ現役なんですか。
デザインも個性的ですね。
日本じゃないみたいです。
一度、この眼で観てみたいですね。
Commented by gipsypapa at 2009-01-28 10:20
ゼクさん、
そうでしょうね。私が見てきた建物で、今はなくなったのが数棟あります。
いずれも私から見たら「もったいない、壊したら二度と戻らないのに」
と思う建物が多いのです。
しかし使う人にとっては、使い勝手や居住性が現代生活にマッチしなくなるのですね。
吹田の旧家ですか。洋間があったとは残念です。
武田吾一設計の西尾家の洋間は今も残っていますね。
Commented by gipsypapa at 2009-01-28 10:23
j-garden-hirasato さん、
そうそう、その当時にこんなおしゃれなアパートが建ったこと自体が
驚きで、更に今も現役ですから。
目で見て欲しいのですが、次回のブログで疑似体験をしてもらいます。(笑)
Commented by ゼク at 2009-01-28 10:28 x
吹田の西尾家は昔から藁ぶきが見えたりして本当に気になっていました。
最近までは潰されると聞いていましたが、どうも市が買い取ったんでしょうね!
吹田市のど真ん中の旧家ですが、これから年代が経つにつれてますます
重要な建築物になっていくと思います。
僕としては予算の続く限り残して欲しいです。
Commented by gipsypapa at 2009-01-28 11:31
ゼクさん、
西尾家は吹田市が管理していますので、当面大丈夫でしょう。
無料で一般公開されています。↓
http://gipsypapa.exblog.jp/6005483/
<< 和朗フラット 4号館 京品ホテル >>