国立保健医療科学院白金庁舎

c0112559_14141764.jpg
 京大学医科学研究所の近く、同じ敷地にある国立保健医療科学院白金庁舎。こちらは東京大学医科学研究所の3年後に国立公衆衛生院として建てられた、同じく内田祥三の設計によるものです。訪ねた時は周りが工事中で、近づけませんでしたが、時計がない以外はほぼ同じ意匠でした。鉄骨鉄筋コンクリート造5階建て、一部8階 。

国立保健医療科学院白金庁舎
旧国立公衆衛生院 1940(昭和15)年
設計 : 内田祥三
施工 : 大倉土木
東京都港区白金台4-6-1
撮影 : 2008.10.12
c0112559_141576.jpg
 白金台キャンパスの門。
c0112559_14153816.jpg
 このように工事中で近づけませんでした。
c0112559_14163578.jpg
c0112559_14165039.jpg
c0112559_1417524.jpg
 手前の公園越しに見た感じは東京大学医科学研究所にそっくり。
c0112559_14175042.jpg
 Google Earth で見たところ。右下が国立保健医療科学院白金庁舎、左上が東京大学医科学研究所。地上から見た外観はそっくりでしたが、建物の形状はずいぶん違っています。

「おまけ」
c0112559_14183349.jpg
 ここを訪れるのに通った白金台の露地で見つけた煉瓦塀の跡。何があった跡なのか、かなり古そうです。
by gipsypapa | 2009-01-16 14:20 | 建築 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/10626117
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2009-01-18 07:25
外壁の装飾が前回の建物と同じですね。
同じ敷地内に似たような建物では、
学生も迷ってしまいそうです。
まあ、東大生ならないでしょうね。
Commented by gipsypapa at 2009-01-18 11:38
j-garden-hirasato さん、
同じでしょう?
おっしゃっていた窓と窓の間に突き出ている角のようなものがあるし。
このデザインはここだけでなく、本郷キャンパスの多くの校舎にも見られるのです。
白銀台は2棟しかないのでいいですが、本郷は多すぎてもっと迷いそうです。
Commented by たろう at 2009-01-20 09:00 x
窓と窓の間にある角のようなバットレス(タイルが張られていない、モルタルの部分)についている植物の飾りは、テラコッタ製で、アカンサスをモチーフにしているそうです(三角形の頂点にある部分です)。
またバットレスの先端は角のように二股に分かれていますが、設計した内田祥三の弟子たちは、これを「内田先生のカミソリ」と呼んだそうです(『内田祥三作品集』より)。
Commented by gipsypapa at 2009-01-20 17:29
たろうさん、
アカンサスといえば、コリント式のオーダーに使われていますね。
なるほどカミソリのように鋭角に尖っています。
テラコッタを使っているのは横から見た時に感じました。
貴重な情報をありがとうございました。
Commented by たろう at 2009-01-20 18:58 x
建築学科が入っている本郷の工学部1号館の玄関前の植え込みには、
昔の教授がギリシアから持ち帰ったアカンサスが植えられています。
今は季節柄、枯れた茎しか見ることができませんが、
花が咲くと、工学部1号館のアカンサス飾りと見比べることができます。

ちなみに、内田祥三のアカンサスのテラコッタは有名で、
東京大学出版会の『東京大学 本郷キャンパス案内』の表紙にも、
拡大写真が掲載されています。
(本の中にはアカンサスの花の写真もあります)

いつも綺麗な写真を楽しみにしています。
Commented by gipsypapa at 2009-01-21 11:08
たろうさん、
東京大学医科学研究所の方に書きましたが、だいぶ前に本郷キャンパスも見に行きました。
そのときキャンパスマップを持たずに適当に見て回ったので、あとで建物の区別がつかなくなったのです。
かろうじて判別できる医学部2号館や、一連の工学部の建物(これが何号館か区別がつきません)
にも内田テラコッタが使われていますね。
どれも屋上から最上階までをつなぐ、巨大なものです。
一体型なのか、つなぎ合わせたのか?
これだけの長大なテラコッタを焼く窯があったのだろうかなどと考えてしまいます。

ありがとうございます。また写真を見に来てください。
Commented by たろう at 2009-01-21 23:54 x
何度も申し訳ありません。
あと一つだけ付け加えさせていただきます。

テラコッタの件ですが、一つだけ訂正させていただきます。

窓と窓の間にあって最上階と屋上までをつなぐ部分(「カミソリ」)は、
テラコッタ製ではなく、コンクリートにモルタルを塗り、
目地をつけて石積みに見せかけたものではないかと思います。
色が肌色であることや、本物の石積み部分との比較からも、
モルタルで間違いないと思います。

これに対して、テラコッタ製なのは、「カミソリ」の根元の部分を飾る、
小さな茶色のアカンサスの飾りだけだと思います。

舌足らずで失礼いたしました。
Commented by gipsypapa at 2009-01-22 10:28
たろうさん、
何度も来てください。(笑)
モルタルでしたか。
私も一体もののテラコッタの可能性は低く、継ぎ合わせてあるのかと想像していました。
確かに装飾性の少ない部分にテラコッタを使う意味がありませんよね。
<< 聖心女子学院正門 東京大学医科学研究所本館(1号館) >>