石窯ガーデンテラス

c0112559_23431681.jpg
 これで鎌倉シリーズの最後になります。

 金沢街道を挟んで旧華頂宮邸の反対側の山道を登っていくと、国指定史跡の浄妙寺です。その境内に石窯ガーデンテラスという、石窯で焼くパンを提供するカフェ&レストランがあります。もとは大正期にドイツの建築家によって、当時の貴族院議員の自宅として建てられた建物を改築したもの。

 この日のランチはここで軽く済ませることにしていました。かなり手を加えてあるらしいのですが、ドイツ様式のおしゃれで美しい洋館で、ステンドグラスなど装飾にもドイツの部材が使用されているそうです。木造2階建て。

石窯ガーデンテラス
旧犬塚邸
1922(大正11)年
設計・施工 : 不明
鎌倉市浄明寺3-8-50 浄妙寺境内
撮影 : 2008.8.3
c0112559_23443093.jpg
浄妙寺の左側の急な坂を登っていくと、木々の間から見えてきます。
c0112559_2345864.jpg
c0112559_23452077.jpg
c0112559_23455359.jpg
c0112559_23464100.jpg
c0112559_23461739.jpg
c0112559_23463068.jpg
c0112559_23464118.jpg
 赤い和瓦の屋根にクリーム色のドイツ壁。
c0112559_23471950.jpg
 ステンドグラスの窓があるようです。
c0112559_23475842.jpg
上がベランダになった玄関ポーチから入ります。
c0112559_23485361.jpg
1階のレストランスペース。真夏の日曜日でしたが、ほぼ満席でした。
c0112559_23492734.jpg
c0112559_23493545.jpg
c0112559_2349458.jpg
立ち入り禁止になっている階段の踊り場に探していたステンドグラスが見つかりました。
c0112559_23502345.jpg
この日はあまりの暑さにクーラーのきいた屋内の席で食べましたが、外はイングリッシュガーデンになっていてこちらも見どころのようです。↑のホームページに写真が出ています。
by gipsypapa | 2008-12-30 00:07 | 建築 | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/10459444
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ステンドグラスの作り方 at 2009-01-20 00:47
タイトル : ステンドグラスの作り方
ステンドグラスの作り方を習得しよう。教会や西洋建築でも用いられるステンドグラスは巧みな技が必要となります。ネットでの無料教室もあるそうで、あの美しさを自分の手でつくってみてはいかがでしょう。... more
Commented by j-garden-hirasato at 2008-12-30 05:25
鎌倉に行ったとき、
浄明寺の庭園までは行ったんですが、
そういえば、石窯ガーデンテラスってありましたね。
途中まで行って、下ってきてしまいました。
こんな建物があったとは…。
当時は、まだ庭オンリーでした。
残念!
Commented by gipsypapa at 2008-12-30 22:46
j-garden-hirasato さん、
浄明寺に行かれたのですか。
私は逆にここに直行して、お寺の庭は少しだけしか見ませんでした。(笑)
訪問客もお寺より石窯ガーデンテラスの方が多かったです。
<< Gitano Family J... 旧華頂宮邸 >>