旧華頂宮邸

c0112559_2365527.jpg
 駅前に戻って喫茶店でアイスコーヒーを飲みながら、妹を待って一息つきました。これからのお目当ては、鎌倉駅から東側の丘陵地にあります。歩いては行けないので駅前からバスに乗って移動です。

 この建物は鎌倉の3大洋館の一つで、ハーフティンバーの大邸宅。華頂博信侯爵の邸宅だったもので、華頂家の歴史から、通称的に旧華頂宮邸と呼ばれています。緑の森の中に洋風の門があり、幾何学模様のフランス式庭園を持った、宮内省の設計になる昭和初期の洋館です。現在は鎌倉市が管理していて、建物の中には入れませんが、外観は庭園を含めて一般公開されているので自由に見学できます。国登録有形文化財と鎌倉市指定景観重要建造物に指定された、木造2階建て、一部3階、地下1階。

旧華頂宮邸 1929(昭和4)年
登録有形文化財
鎌倉市指定景観重要建造物
設計 : 宮内省
施工 : 不明
鎌倉市浄明寺2-6-37
撮影 : 2008.8.3
c0112559_2382713.jpg
c0112559_2384038.jpg
 緑の森の谷間のような道路に面して洋風の門がありました。開放されていて自由に入ることができます。この日は私たち以外に訪問客はいませんでした。
c0112559_23105928.jpg
c0112559_2311103.jpg
c0112559_23111945.jpg
c0112559_23112998.jpg
c0112559_23113869.jpg
c0112559_23233556.jpg

典型的なハーフティンバー様式の洋館。そういえば鎌倉の洋館にはこの様式が多かったなぁ。
c0112559_23123430.jpg
c0112559_2312455.jpg
建物の左側を通って・・
c0112559_23143216.jpg
 南側に出るとそこは広大でよく手入れされたフランス式庭園。ここからの眺めが一番です。
c0112559_23164569.jpg
c0112559_23165821.jpg
c0112559_23171137.jpg
c0112559_23173841.jpg
c0112559_2317497.jpg
c0112559_231817.jpg
庭園側のテラスは当時の華やかな暮らしを象徴しているようです。
c0112559_23184668.jpg
幾何学式のフランス式庭園といわれてもよくわからないのでGoogle の航空写真を。
c0112559_23195846.jpg

by gipsypapa | 2008-12-27 23:21 | 建築 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/10442904
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by sy-f_ha-ys at 2008-12-28 06:41
たまに邸内が一般公開されていると聞いていましたが、
庭園と外部だったら普段でも見学可なんですか?、初めて知りました。
私は鎌倉に行くと、洋館の他は寺を見たり山道を歩いたりして節操無いですが、
見事なほどの『鎌倉近代建築探訪記』ですね!
今度ここは見に行こうと思いました。
Commented by gipsypapa at 2008-12-28 08:22
sy-f_ha-ys さん、
リンクを貼るのを忘れていました。追加します。
月・火曜日を除けば1年中公開されています。
また中を見れる日の情報もありますのでせっかくだったら
その日がいいかとも思います。(2009年はまだ未定です)
鎌倉探訪記は、さすがにあと1か所になりました。
Commented by j-garden-hirasato at 2008-12-29 09:16
すごい豪邸ですね。
庭園もちゃんとシンメトりーになっていて、
洋風庭園の造り方を踏襲してます。
玄関側の植栽が
和風なのが面白いです。
Commented by gipsypapa at 2008-12-29 23:41
j-garden-hirasato さん、
確かに門から見た庭と裏側は違いますね。
裏の洋風庭園を見ると、まだまだ当時の皇室は財力
があったんだなと思います。
<< 鎌倉の石窯ガーデンテラス 鎌倉の川合邸 >>