神奈川県立近代美術館鎌倉館

c0112559_10383173.jpg
 鶴岡八幡宮の境内、平家池の畔にある近代美術館鎌倉館。戦後の建物ですがDOCOMOMO 100に選ばれたモダニズム建築です。近代美術館建築の傑作といわれ、ル・コルビュジエの門下生である坂倉準三が設計しました。コルビュジエのインターナショナル様式が継承されているそうです。

 設計競技によって採用された設計で、鉄骨、アスベストボードの外壁という廉価な材料を用いて合理化され、シンプルな構造、外観となっています。一時、建て替えの噂があったそうですが、現在も健在です。鉄骨造り2階建て。

神奈川県立近代美術館鎌倉館 1951(昭和26)年
設計 : 坂倉準三
施工 : 馬淵建設
鎌倉市雪ノ下2-1-53 鶴岡八幡宮境内
撮影 : 2008.8.3
c0112559_1039402.jpg
c0112559_10394935.jpg
c0112559_10395775.jpg
c0112559_104066.jpg
c0112559_10401425.jpg
c0112559_10402321.jpg
c0112559_10403227.jpg
 正面より、この蓮が生い茂る平家池からの眺めが見どころです。

 有名な建物で、形状はシンプルで美しいのですが、外壁をアスベストボードにしているのが、安っぽく見えてしまい、少し期待外れでした。軽量化を意図したのでしょうが、せめてコンクリートボードかなにかだったら、時とともにいい味が出るのに。
by gipsypapa | 2008-12-25 10:42 | 建築 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/10421426
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2008-12-26 06:38
以前、鎌倉に行ったときは、
こういう建築物には目もくれず、
ただただ庭園探訪だったので、
鶴岡八幡宮にも行ったのに、
この建物には気が付きませんでした。
国立西洋美術館に似ていると思いましたが、
納得です。
Commented by gipsypapa at 2008-12-26 10:01
j-garden-hirasato さん、
私は鎌倉は2回目で、前回はずいぶん昔です。
その時は鶴岡八幡宮だけ見て、ここは知りませんでした。
上野の国立西洋美術館は鎌倉の8年後に建てられましたが、
コルビジュの基本設計で前川國男、坂倉準三、吉阪隆正らの
弟子が設計したので、似ていますよね。
他にも東京港区にある国際文化会館が彼ら3人の設計です。
いつか東京編で紹介します。
Commented by sy-f_ha-ys at 2008-12-27 06:18
一見、鶴岡八幡宮とはミスマッチな感じのする建物ですが、
築半世紀以上が経過して、周辺の環境に馴染んでいるような感じがします。
僕は最後に掲載された角度からの眺めが好きですね。
Commented by gipsypapa at 2008-12-27 22:33
sy-f_ha-ys さん、
57年前のものとは思えない、現代的な建物です。
私も平家池からの眺めは気に入っています。
<< 鎌倉の川合邸 鎌倉の湯浅物産館 >>