鎌倉の高野邸

c0112559_121969.jpg
 しばらく休みましたが、鎌倉編を再開します。

 鎌倉栄光教会の近くにあるのはネット情報で知っていましたが、詳細な住所がわかっていなかったので心配しましたが、すぐに見つかりました。平屋の和館につながった形の2階建ての洋館で、和館が1927(昭和2)年築、洋館部は1933(昭和8)年ころに増築されたもの。

 和瓦葺きの折り曲がった屋根形状にドイツ壁、木枠の窓など、昭和初期の邸宅の様子が今も良い状態で使われています。鎌倉市指定景観重要建造物の木造2階建て。

高野邸
鎌倉市指定景観重要建造物
1933(昭和8)年ころ
設計・施工 : 不明
鎌倉市扇ガ谷1
撮影 : 2008.8.2
c0112559_1232989.jpg
 門から和館へ向かう庭。向こうにある洋館はよく見えません。
c0112559_124437.jpg
c0112559_1241537.jpg
真夏のせいもあり庭の木々が生い茂って建物の全貌が見えません。東側が駐車場になっていて、撮影するにはベストのアングルですが、こちら側も木が邪魔をしています。
c0112559_1255813.jpg
c0112559_126988.jpg
北側の道を西に進むと、1枚目の写真のように2階部分と、車の出入り口から付属の平屋部分が見えます。
c0112559_1264530.jpg
さらに西に行くと、隣の敷地の工事中の仮設塀の間から全貌が現れました。ベージュ色のリシン吹き付け壁に白い木枠の美しい窓が印象的です。
by gipsypapa | 2008-12-21 12:08 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/10388605
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2008-12-22 06:34
建物は洋館なのに、
庭は日本庭園なんですね。
面白いです。
洋館と日本庭園の関係、
調べたくなりました。
こういう洋館も見ていて、
窓が開いていたりすると、
あー、生活してるんだ、
と実感できて、うれしくなりますね。
Commented by gipsypapa at 2008-12-22 14:34
j-garden-hirasato さん、
和館もあるのですが、平屋らしくて見えなかったです。
この洋館の窓はいいですね。
上げ下げ(または引き揚げ)窓の外側に両開きの
木製ブラインドがあって、窓を開けた状態が趣があります。
<< 鎌倉の古我邸(旧荘清次郎別邸) しばしお休みをいただきます >>