かいひん荘鎌倉

c0112559_10255119.jpg
 夏はサーファーで賑わう由比ガ浜にある旅館。大正後期の住宅で富士製紙社長の村田一郎邸として建てられたものです。旧ソ連の世界的ピアニスト、スビャトフラフ・リヒテル氏が日本公演の時、長期にわたって滞在したという由緒ある旅館です。c0112559_10261929.jpg

 和館の北側に洋館がつながった形です。当初の和館部分はかなり改築が行われたようですが、洋館部分はほぼ当時の姿をとどめています。宿泊しなかったので内部は見れませんでしたが、「かいひん荘鎌倉」のホームページにあった写真→を拝借しました。

 当時多く建てられた、和館に小さな応接間を洋館にするという常識からいえば、この洋館部分はかなり大規模。外観の特徴は、なんといっても出窓(ベイウィンドウ)。1階に3箇所の出窓があり、そのうち2つは2階まで立ち上がって、1つは半円型。急傾斜の屋根と出窓部分の屋根形状が複雑で印象に残る瀟洒な建物です。鎌倉市指定景観重要建造物の木造2階建て。

かいひん荘鎌倉
旧村田一郎邸 1924(大正13)年
鎌倉市指定景観重要建造物
設計・施工 : 不明
鎌倉市由比ガ浜4-8-14
撮影 : 2008.8.2
c0112559_10292753.jpg
 和館部分が旅館の玄関。向こうに見えるのが洋館部分の妻面。
c0112559_10302667.jpg
c0112559_10303566.jpg
 洋館部分の東側に見える半円形の出窓。 木造にモルタル仕上げの壁。一分タイル貼りにして変化を持たせています。
c0112559_10321417.jpg
c0112559_10322942.jpg
  北側から全景が見えます。向こうに半円形、手前に半六角形の出窓が2階まで立ち上がり、中央に1階部分だけ、全面タイル貼りの出窓があります。
by gipsypapa | 2008-12-08 10:46 | 建築 | Trackback(2) | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/10288236
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from クラシック音楽ぶった斬り at 2008-12-14 16:48
タイトル : リヒテルのグリーグ/シューマン:ピアノ協奏曲
リヒテルの演奏は、思考の積み重ねの末に再構築されたロマンと言っていいだろう。 ... more
Tracked from ぱふぅ家のサイバー小物 at 2014-07-19 11:07
タイトル : 【ネットができる宿|鎌倉唯一の純和風割烹旅館】かいひん荘鎌倉
鶴岡八幡宮を見に行くのに便利。... more
Commented by j-garden-hirasato at 2008-12-09 05:34
これだけ非シンメトリーだと、
かえって楽しいくらいですね。
和洋折衷って感じでもないし、
なんか不思議な雰囲気の建物です。
Commented by gipsypapa at 2008-12-09 13:07
j-garden-hirasato さん、
お洒落な洋館です。
昔のお金持ちは優雅ですね、こんな家を建てるのは
本人の好みが反映されているでしょうし。
<< 鎌倉のSG邸 鎌倉の加賀谷邸 >>