鎌倉風致保存会

c0112559_13522070.jpg
 ハーフティンバー妻壁が特徴の医院建築で、1995(平成7)年まで小児科医院として使用されていました。現在は地域のコミュニティー施設として使用されています。内部には当時の照明器具や医療器具が残っていて見どころが多いそうですが、私が訪ねた日は子供会の催しが行われていましたので、遠慮しました。鎌倉市指定景観重要建造物の木造2階建て。

鎌倉風致保存会
旧安保小児科医院 1924(大正13)年
鎌倉市指定景観重要建造物
設計・施工 : 不明
所在地 神奈川県鎌倉市御成町9-1
撮影 : 2008.8.2
c0112559_13532445.jpg
 切妻屋根は3方にあります。1枚目は左側、反対側にも同じ形があり、こちらが通りに面した正面です。いずれも漆喰塗りにハーフティンバー。
c0112559_13541511.jpg
 地域の子供会の催しがあり、少し覗いただけです。
c0112559_135817.jpg
c0112559_13581584.jpg
 裏に回ると全く違ったイメージです。当初は天然スレートで葺きの屋根だったそうですが、 現在は亜鉛引鉄板瓦棒葺きに葺き替えられています。こちらから見ると普通の住宅。
by gipsypapa | 2008-11-26 14:00 | 建築 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/10205648
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by sy-f_ha-ys at 2008-11-26 22:47
鎌倉に訪れるたび、「いいな~」と思う建物の一つです。
江ノ電口の駅前通り最近歩いてませんが、昔ながらの佇まいのお店があったり、素敵な場所です。観光地モード全開の小町通りよりこちらの方が好きですね。
ところでこの建物、中は見学できましたか・・・・・??
Commented by j-garden-hirasato at 2008-11-27 06:17
大正時代の建物ですか。
古さを感じさせないデザインですね。
別荘地では、
今でも建ててそうです。
Commented by gipsypapa at 2008-11-27 10:49
sy-f_ha-ys さん、
ここはすでにチェック済みなのですね。
内部も見たかったのですが、イベント開催中で玄関を覗いただけです。
Commented by gipsypapa at 2008-11-27 10:51
j-garden-hirasato さん、
さすがに鎌倉ですね。
実は他にもハーフティンバーの住宅が数軒ありました。
当時、一帯で流行したのでしょうか。
<< 鎌倉市立御成小学校旧講堂 鎌倉の I 邸 >>