レストランNOANOA(ノアノア)

c0112559_11262232.jpg
 哲学の道を北に進み、銀閣寺への参道の入口付近に国指定名勝「白沙村荘・橋本関雪記念館」があります。日本画家の橋本関雪の広大な邸宅だったところで、国の名勝に指定されている庭園と、画室や茶室などの建物、そして関雪が集めた中世の多くの石造美術品などがあります。これらの庭や建物は関雪自身が行ったそうです。

 この洋館は、白沙村荘の北西の角にあり、関雪が欧州旅行で集めたコレクションの展示用として建てたスパニッシュ様式の建物。現在は,レストランになっています。登録有形文化財の鉄筋コンクリート造り、2階建。

レストランNOANOA(ノアノア)
旧橋本関雪邸洋館 1929(昭和4)年
登録有形文化財
設計 : 橋本関雪?
施工 : 不明
京都市左京区浄土寺石橋町37
撮影 : 2008.9.28
c0112559_1127344.jpg
 右に見えるのは新館。
c0112559_11282124.jpg
c0112559_11283132.jpg
c0112559_11284343.jpg
 正面から東側へ。スパニッシュの洋館です。
c0112559_11295684.jpg
c0112559_11303820.jpg
 こじんまりした玄関を入るとロビーに受付がありました。
c0112559_11315845.jpg
 旧館を予約していたので、通されたのは1階のレストラン。
c0112559_1133567.jpg
c0112559_11331794.jpg
c0112559_11332888.jpg
c0112559_11333838.jpg
c0112559_11334868.jpg
c0112559_11335778.jpg
  1階には台所があり、その周りをカウンターが取り巻いて、15人程度が食事できるテーブル席があります。最近、隣に新館が増築されたため、この台所は使われていないようです。
 テーブルなどの調度品は、5月に行ったプロヴァンスの家庭的なレストランを思わせる雰囲気。
c0112559_11345243.jpg
 2階もレストランスペース。階段を上って・・
c0112559_11354446.jpg
c0112559_11355630.jpg
c0112559_11362771.jpg
c0112559_11363767.jpg
  2階も同規模のレストランスペースでアーチ窓が印象的。本当はここで食事をしたかったのですが、一杯でした。食後に上がったら、もうお客さんが帰った後で、ゆっくり見ることができました。
c0112559_11373010.jpg
 天井には鉄筋コンクリートの梁。
c0112559_11382586.jpg
 開館当初からあったソファとテーブルが残っていました。

 白沙村荘も見たかったのですが、時間がなくなり見ることができませんでした。j-gardenさんのブログ「日本庭園的生活」に素晴らしい庭園の写真がありますので、こちらをどうぞ。
by gipsypapa | 2008-11-21 11:57 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/10176938
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2008-11-23 05:44
ブログの紹介、ありがとうございます。
白沙村荘を訪れたときは、
相変わらず庭園のみの探訪で、
建物には入りませんでした(笑)。
今だったら、ちゃんと建物にも入るでしょうね。
レトロな建物に興味が湧いてきました。
gipsypapaさんのおかげです。
感謝、感謝です。
Commented by gipsypapa at 2008-11-23 22:11
j-garden-hirasato さん、
いや~、私はずっとこの洋館ばかりが気になっていて、
j-garden さんのブログを見るまでは白沙村荘の庭園が
そんなに素晴らしいものとは知りませんでした。
今回も、庭も見ようと思っていたのですが、食事と洋館内の見学に
時間を取ってしまい、見る時間がなくなってしまいました。
お互い結果的には我が道を行ったわけで・・・(笑)
<< ホテルニューカマクラ 関西電力京都支店 >>