山科の栗原邸

c0112559_1441773.jpg
 兵庫県はまだ多くの建物の撮りだめがありますが、長くなったので、少し京都に行ってから、関東地方へ移動します。

 今年7月に本野精吾氏の自邸を見に行ったあとに、この建物を知り、見たいと思っていたところに、新聞で一般公開されることを知り申し込みました。あいにく朝から雨でしたが、現地に到着したころには幸い雨は止んでいました。ただもう少し太陽の光があればよかったのですが。

 この建物は本野精吾が武田五一の招聘を受けて勤務していた京都高等工芸学校(現京都工芸繊維大学)の校長で、染織家でもあった鶴巻鶴一氏の自邸として昭和4年に建てられたものです。

 先に紹介した本野精吾自邸はこじんまりして、限りなくシンプルなモダニズム建築でしたが、この建物はその5年後の築ということもあって、ウィーン分離派やアール・デコなどの影響を受けたより装飾的で、遊び心のある住宅建築となっています。DOCOMOMO Japan 選出の「中村鎮式コンクリートブロック造」2階建。

栗原邸
旧鶴巻邸 1929(昭和4)年
設計 : 本野精吾
施工 : 不明
京都市山科区御陵大岩17-2
撮影 : 2008.11.8
c0112559_14424999.jpg
 公開日の初日ということで、たくさんの見学客でした。建物は中村鎮式コンクリートブロック造ですが、この玄関ポーチとその上の張り出しサンルームは印象的な円柱形なので、普通のコンクリート造り。
c0112559_14434554.jpg
 道路から門を見た建物は、自邸に通じるモダニズムのデザイン。
c0112559_14442531.jpg
c0112559_14443397.jpg
 通用口や窓に直線的な庇があるのは、F. L. ライトを思い出させます。庇を設けたのは雨が多く日差しの強い日本の気候を配慮したものだそうです。
c0112559_14454435.jpg
c0112559_1445543.jpg
 裏側からの全景。異様に高い煙突が先端にかけて微妙に細くなっています。
c0112559_14475310.jpg
 他の窓はブロックで囲んだシンプルな構造ですが、左の面の窓だけは張り出して複雑な構造。このショットはF.L.ライトか遠藤新みたいです。
c0112559_14483812.jpg
c0112559_14484729.jpg
 コンクリートブロック剝き出しの壁は本野清吾らしい。中村鎮式コンクリートブロック造は、現在のコンクリートブロックではなく、L字型を組み合わせることによって空間を作り、その空間に鉄筋を入れてコンクリートを流し込む方式なので、耐震強度が強いのです。中村鎮が設計した建物が関東大震災(1923)で倒壊しなかったことに本野精吾が注目し採用したとのこと。
c0112559_14494423.jpg
c0112559_14495237.jpg
c0112559_1450084.jpg
c0112559_14501039.jpg
 2本の円柱で支えられた玄関ポーチ。この辺はモダニズムというより、かなり装飾的です。
c0112559_1451336.jpg
c0112559_14514385.jpg
c0112559_1451557.jpg
 1階の居間。
c0112559_145268.jpg

c0112559_1453318.jpg
c0112559_14531122.jpg
 木製の戸棚が組み込まれた当時としては現代的なキッチン。
c0112559_14541534.jpg
 バスルーム。
c0112559_14545841.jpg
c0112559_1455746.jpg
c0112559_14552486.jpg
 書斎。インテリアの家具は当時のままです。
c0112559_1456379.jpg
c0112559_145615100.jpg
c0112559_1456244.jpg
 円形に張り出した2階のサンルーム。
c0112559_14571886.jpg
c0112559_14572877.jpg
 2階のもう一つの部屋。寝室だったかも?
c0112559_14583697.jpgc0112559_14584912.jpg














 染織家でもあった鶴巻鶴一氏が書いた襖絵。
c0112559_1523390.jpgc0112559_15231554.jpg
c0112559_1523281.jpg

c0112559_1524388.jpgc0112559_15241341.jpg
c0112559_1524261.jpg

 各部屋の灯具は多様です。これらも本野清吾によるもの。
c0112559_1522715.jpg
 各部屋に暖炉がありました。
c0112559_153933.jpg
c0112559_1531884.jpg
c0112559_153296.jpg
 階段を上って。
c0112559_1543812.jpg
c0112559_1545919.jpg
c0112559_155165.jpg
c0112559_1553819.jpg
 屋上に出ました。琵琶湖疎水が北側を流れていて、見晴らしの良い場所にあります。夏はここでビールを飲みたくなるでしょう。
c0112559_1571629.jpg
c0112559_1573248.jpg
 見どころの多い、わたし好みのモダニズム建築でした。外観はさておき、内部は傷みが目立っている箇所が多く、このような古い建物の維持がいかに難しいか、というかお金がかかるか、ということを再認識しました。さらにコンクリートブロック造りの場合は、後になって壁に配管や配線用の穴をあけるのに躊躇しそうですね。
by gipsypapa | 2008-11-18 15:28 | 建築 | Trackback(1) | Comments(8)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/10159254
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ひろの東本西走!? at 2008-11-19 22:07
タイトル : 京都市山科区の旧T邸
「関西洋風建築めぐり」講座、5月は京都市山科区にある旧T邸(現K邸)でした。 ※講師の先生が書かれた解説文が見あたりません(先生、すみません)。  仕方がないので色んな資料をあさりながら書きます。 こ... more
Commented by ぴろりん at 2008-11-18 22:41 x
ほんとにF.Lライトみたいですね。唸ってしまいました。
綺麗に撮れてますねぇ。素敵~
円形のサンルームも素敵ですね。
だいぶ傷んでいるようですね。
公開情報はどういうふうに調べてらっしゃいます?
Commented by gipsypapa at 2008-11-19 09:20
ひろりんさん、
見所の多い建物でした。
公開情報は偶然、読売新聞の下のほうにありました。
それからネットにあるのを知りました。
いつも終わってから気づくのですが、今回はラッキーでした。(^^)
Commented by ひろ009 at 2008-11-19 22:30 x
こんばんは。TBありがとうございました。
私が見学したときも雨で、そのときは屋上に出ることができませんでした。建物や家具・建具、全てが素晴らしかったです。本野精吾自邸は見たことがないので、今度はそちらに行かなくては。中村鎮式コンクリートブロック造、奥が深いです。
Commented by ぴろりん at 2008-11-19 22:48 x
お返事有り難うございます。偶然ですか。ラッキーでしたね。
最近はレトロ建築が見直されていて見学会も多いようですがうまく情報をつかめてなくて・・・。でもここで見せてもらっていますので気持ち的には満足です。(^_^)v
Commented by gipsypapa at 2008-11-20 16:23
ひろさん、
素晴らしい住宅でしたよね。
もし本野精吾自邸を見ることがあったら、2軒南側の建物も見てください。
多分、中村鎮の設計じゃないかと思っています。
Commented by gipsypapa at 2008-11-20 16:26
ぴろりん さん、
今後ともよろしく(^-^)。
大阪でよさそうなところを見つけたら教えてくださいね。
Commented by sy-f_ha-ys at 2008-11-20 21:59
話には聞いていましたが、これが旧鶴巻邸ですか!。
〔コンクリート打ちっぱなし〕ではなく、〔コンクリートブロック打ちっぱなし〕なんですね。こりゃ格好いいです。

あと中村鎮さんの設計とありますが、先ほど氏の没後に刊行された『中村鎮遺稿』制作作品の一覧をコピーしたものを見てみましたが、◆鶴巻邸、昭和3年4月起工・4年4月竣工.....との記述がされていました。
たぶん本野精吾さんと中村さんの共作じゃないかと思います。
Commented by gipsypapa at 2008-11-21 11:09
sy-f_ha-ys さん、
中村鎮の作品リストに出ていましたか。
本野精吾自邸のところでも話題になりましたが、
自邸の隣に中村建築事務所京都出張所があったそうですから、
お互いに交流が深く、コンクリートブロックの使用について
協力しあったのでしょうね。
旧鶴巻邸でINAX Report の本野精吾を執筆した、京都工芸繊維大学の
笠原一人助教授の話を聞きましたが、中村鎮氏はどちらかというと
建築家というより技術屋というコメントがあり興味深かったです。

<< 関西電力京都支店 武田史料館 >>