宝塚市雲雀丘のT邸

c0112559_1646823.jpg
正司邸の近くに建っているハーフティンバーの洋館。少なくとも昭和初期以前に建てられたものだと思います。玄関ポーチを見る限り鉄筋コンクリートですが、張り出しの支えに木が使われているのを見ると一部にコンクリートを使っているだけかもしれません。側面の2階の半円窓にテントのようなカラフルな半球型の庇があるのが珍しい。

T邸 大正期~昭和初期
設計・施工 : 不明
宝塚市雲雀丘
撮影 : 2006.7.8
c0112559_16465174.jpg
c0112559_16465883.jpg
c0112559_1647712.jpg
c0112559_1647159.jpg

by gipsypapa | 2008-11-13 16:47 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/10127493
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2008-11-13 18:16
個人の所有ですか。
維持するにはいろいろ大変なんでしょうけど、
残ってるんですね。
ずっと、そのままで、
と願います。
Commented by gipsypapa at 2008-11-14 10:58
j-garden-hirasato さん、
ここは高級住宅地で立派な洋館が数多くありました。
ただ新しい建物じゃないかと思うのはほとんど撮ってませんが、
見逃した可能性もあります。
鎌倉や横浜でも、よく手入れされた古い個人の住宅を見つけましたので、
順次アップする予定です。
<< 宝塚市雲雀丘のS邸 宝塚市雲雀丘の正司邸 >>