神戸大学 兼松記念館(経済経営研究所)

c0112559_1152499.jpg
 本館の2年後の築。本館とよく似たシンメトリックな外観で、薄い褐色のスクラッチタイル貼りに最上階は連続アーチ窓。大きな柱と分厚い庇の車寄せが特徴の建物。簡潔にまとめられた、いかにも学校建築という意匠です。鉄筋コンクリート造り3階建て、両脇から後方に延びる短い翼部は2階建の登録有形文化財。

 この名前についている兼松というのは、現在の総合商社兼松株式会社のことで、創業者兼松房治郎の遺志を継いで行われた社会貢献事業の一環として当時の神戸高商へ寄贈されたものです。兼松は他にもオーストラリアにシドニー病院兼松病理学研究所、国内では一橋大学兼松講堂(1927年、伊東忠太設計)などの寄贈をしています。

神戸大学 兼松記念館(経済経営研究所)
旧神戸商業 兼松商業研究所 1934(昭和9)年
登録有形文化財
設計 : 文部省営繕
施工 : 大林組
神戸市灘区六甲台町2-1
撮影 : 2008.2.11
c0112559_1162999.jpg
 正面は本館によく似ています。最上階にアーチ窓が並ぶのは同じですが、こちらはロンバルディア帯などの装飾がなく簡素です。
c0112559_117153.jpg
c0112559_1173040.jpg
 この巨大な柱と分厚い庇の車寄せが特徴。
c0112559_119015.jpg
c0112559_1191487.jpg
c0112559_1192519.jpg
 玄関扉が閉まっていたのでガラス越しに玄関ホールを。見にくいのですが、市松タイル敷で階段手摺上部の鋳物飾りが素晴らしいとか。
c0112559_111093.jpg
c0112559_1110199.jpg
c0112559_11104157.jpg
c0112559_1111098.jpg
 コの字型の建物で、張り出し部は2階建。
c0112559_11113343.jpg
c0112559_11114377.jpg

by gipsypapa | 2008-10-31 11:13 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/10040053
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2008-11-01 21:04
大学というより、
裁判所か何かの雰囲気ですが、
格式の高さという面では、同じですね。
シンプルなデザインなのに、
重々しさもあります。
Commented by gipsypapa at 2008-11-02 11:08
j-garden-hirasato さん、
言われてみれば裁判所に見えますねぇ。
外観の装飾が少ないのでやや大人しい印象でした。
<< 神戸大学六甲台講堂 神戸大学六甲台本館 >>