襟裳岬と灯台

c0112559_08252886.jpg
3大岬巡りの最後は、最近北朝鮮のミサイル発射でよく聞くようになった襟裳岬(えりもみさき)です。襟裳岬は日高山脈の最南端で、太平洋に向かって南へ突き出した岬で、海上に岩礁群が伸びています。岬の周囲は高さ60 mの断崖で、眺望が開けているため、日高山脈襟裳国定公園の中核を成す観光地となっています。

襟裳岬
北海道幌泉郡えりも町えりも岬
撮影 : 2016.11.7
c0112559_08255721.jpg
「襟裳岬」の歌碑です。歌碑は二つあり、一つは島倉千代子の曲(1961年、丘灯至夫作詞・遠藤実作曲)のもので1971年建立、もう一つが森進一の曲(1974年、岡本おさみ作詞・吉田拓郎作曲)のもので1997年建立だとか。
c0112559_08264565.jpg
中には入りませんでしたが「風の館」という半地下の建物があります。
c0112559_08271782.jpg
風が強いことで知られるそうで、風速が計測できる全国900以上の山岳を除くアメダス地点で、年平均風速がもっとも大きいのが襟裳岬だとか。
c0112559_08280626.jpg
これと次の写真はネットから借用しました。
c0112559_08283525.jpg
中では強風の体験などができるようです。
c0112559_08292695.jpg
c0112559_08301291.jpg

襟裳岬灯台
c0112559_08305396.jpg
襟裳岬先端に立つ白亜の大型灯台で、初点灯は1889(明治22)年の古くからある灯台ですが、 第二次世界大戦時の爆撃で破壊され、現在の灯台は1950(昭和25)に 再建された2代目です。「日本の灯台50選」にも選ばれている、白色 塔形 コンクリート造り。

襟裳岬灯台
1950(昭和25)年
日本の灯台50選
設計・施工 : 不明
c0112559_08313646.jpg
c0112559_08315614.jpg
岬の遠景。ネットにあった写真を借用しました。右上に灯台と風の館が見えます。


# by gipsypapa | 2017-09-23 08:33 | 建築 | Trackback | Comments(0)

十勝平野を走る

c0112559_08033026.jpg
3泊目、最後の宿は十勝幕別温泉のホテルでした。最終日は十勝平野を南下して襟裳岬に向かいました。十勝平野(とかちへいや)は、北海道東部の十勝川流域に広がる平野で、西は日高山脈、北は石狩山地、東は白糠丘陵に囲まれ、南部は太平洋に面した台地性の平野。広大な畑作地帯で、豆類やジャガイモの生産が多く、酪農も盛んな地域です。
撮影 : 2016.11.7
c0112559_08040649.jpg
関係ありませんが、泊まったホテルのロビーにクラシックカーがありました。1929年型フォード・キャブリオレのレプリカだとか。
c0112559_08043684.jpg
十勝川本支流の流域に広がっています。
c0112559_08050368.jpg
一昨日の雪が残っています。
c0112559_08053596.jpg
土壌浸食を防ぐカラマツやシラカバの防風林が見事な景観。
c0112559_08060637.jpg
「日本のウクライナ」ともいわれるほど畑作が盛んな地域なのです。

# by gipsypapa | 2017-09-22 08:06 | | Trackback | Comments(1)