石蔵酒造 博多百年蔵

c0112559_8565023.jpg
 御笠川の東側にある造り酒屋の石蔵酒造(いしくらしゅぞう)。

 その歴史は石蔵酒造のHPでは、黒田家の播州播磨時代からの御用商人であった「石蔵屋」が関ヶ原の戦いでの功績により、黒田官兵衛・長政親子が筑前福岡藩主の命を受けた際に帯同して博多入りし、博多商人としての歴史が始まったそうです。江戸時代の石蔵屋は、主に博多~壱岐・対馬間の廻船問屋を営んでいましたが、江戸時代後期になり酒造業にも参入したとか。

 145年に亘ってその歴史を受け継いできた博多百年蔵。白壁土蔵にレンガの煙突をもつ佇まいは、街の景観のランドマークになっています。現在の酒蔵は石蔵屋の第2酒造場として、明治3年に建造されたもので、博多百年蔵といわれています。事務所兼主屋は大正期、西倉と旧精米所は昭和初期の築でいずれも国の登録有形文化財です。現在は造り酒屋をしながら、ウェディングや食事処、貸しホールなども手広い事業を手掛けています。

 2011(平成23)年10月8日に漏電による火災があり、新聞記事を見た記憶があるので、どうなっているか心配しましたが、小屋組みが焼け残っていたとかで、それらを生かしながら、翌年の始めには再建、再生したそうです。実際に、内装は新しい気はしましたが、違和感はなく良い雰囲気でした。

石蔵酒造 博多百年蔵
1870(明治3)年
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
福岡市博多区堅粕1-30-1
撮影 : 2015.1.19
c0112559_99552.jpg
 細長い敷地です。この辺は西倉と精米所でしょう。
c0112559_910271.jpg
c0112559_9104585.jpg
c0112559_9105660.jpg
 主屋が見えてきました。
c0112559_9115293.jpg
c0112559_9121356.jpg
c0112559_9122636.jpg
c0112559_9123462.jpg
c0112559_9124813.jpg
c0112559_9125760.jpg
c0112559_9131161.jpg
c0112559_9132231.jpg
 明治の建物の主倉。
c0112559_9141323.jpg
c0112559_9142449.jpg
c0112559_9143933.jpg
c0112559_9145069.jpg
c0112559_915393.jpg
c0112559_9151488.jpg
c0112559_9152450.jpg
c0112559_9153575.jpg
c0112559_9154436.jpg
c0112559_9155490.jpg
c0112559_916722.jpg
c0112559_9161810.jpg
c0112559_9162921.jpg
 小瓶をお土産に買いました。
c0112559_917723.jpg
 博多編はこれで終わります。
# by gipsypapa | 2015-08-03 09:18 | 建築 | Trackback | Comments(14)

みやけうどん

c0112559_8484988.jpg
 商人の街、呉服町にあるうどん屋の「みやけうどん」。存在は知っていましたが、今回、お寺巡りの途中に初めて行きました。

 全国的には博多ラーメンが有名で、うどんはあまり知られていませんが、もう一つの博多の味なのです。先にアップした承天寺に「饂飩蕎麦発祥之地」の石碑があるように、歴史は古く、福岡のソウルフードです。

 みやけうどんの創業は1954(昭和29)年。親子2代にわたって変わらない味を伝えています。建物は大正時代に建てられたそうで、民家を改造したようです。木のカウンターや足が床に固定された椅子など、どれも年季が入っていて味わい深いです。木造2階建て。

みやけうどん
大正期
設計・施工 : 不明
福岡市博多区上呉服町10-24
撮影 : 2015.1.19
c0112559_850442.jpg
c0112559_8514653.jpg
c0112559_8515898.jpg
 奥の左に調理場とカウンター席。右側にテーブル席があります。
c0112559_8524035.jpg
c0112559_8524931.jpg
 このテーブルで食べました。ちなみにすり鉢が見えますが、ネギの刻みが入っています。食べ放題です。
c0112559_8365286.jpg

c0112559_8533053.jpg
 この絵は誰?デューク・エリントン?ハンク・モーブレイ?
c0112559_8564791.jpg
 山笠のポスター。博多です。
c0112559_857643.jpg
c0112559_8572696.jpg
c0112559_8573864.jpg
 三宅さん。2代目です。

ここから博多のうどんについて
c0112559_8591775.jpg
 福岡市に生まれ育った者にとってはラーメンとうどんはなじみ深いものです。自分が若かった時代には、特にお昼に外出した時に、このどちらかを食べるのが一般的でした。ラーメンはどちらかというと男性、うどんは女性客が多いのは店の雰囲気からくるものでしょう。

 各地のうどんを食べましたが、博多うどんは他にはない特徴があります。その一つは麺です。太めの柔らかい、コシの弱い麺を使います。

 全国的に有名な讃岐うどんはその腰の強さが売りなのですが、博多うどんは正反対。腰がなく、ほとんど噛まずにすすりこむのです。歴史的に商人の街博多では、時間がない商人たちが素早く食べられるように、ゆで置きの柔らかい麺のうどんが主流になったといわれています。また、軽食として食べられていたため、消化の良い柔らかい麺が好まれたという説もあるとか。

 とはいえ、つゆは熱いので急いで食べられるわけでもなく、後付の説でしょう。ただ九州のうどん粉は、他の地方の小麦と比べてタンパク質が少なく、コシが出にくいというのは説得力があります。

 もう一つの特徴は出汁です。つゆは透明で、煮干、サバ節、鰹節、アゴ(トビウオ)、昆布などを使ってだしをとり、塩と薄口しょうゆを入れて仕上げます。この味が他の土地にはなく、なんとも美味しい。

 関東の黒い醤油の香りが強いつゆは、蕎麦にはぴったりですが、うどんには色といい、味といいマッチしません。関東の麺はそれほど腰があるわけではありませんが、博多よりは硬めです。

 大阪は讃岐うどんの進出で、本来の大阪うどんは少なくなった感がありますが、麺の硬さは東京と似ています。出汁はカツオベースの塩と薄口しょうゆの上品な味ですね。

 讃岐うどんは、麺に注力していますし、麺自体は美味しいのですが、つゆは力強さに欠ける薄味。ということから釜揚げやぶっかけなど、つけ出汁が多くなってしまいます。私が高松に行ったときは、肉うどんを食べることが多いです。これは出汁が弱すぎるので、肉の甘辛さを加味したら丁度良い加減になるからです。

 その意味で博多うどんは理想的なうどん、というのは故郷ひいきのしすぎかも。実は私の妻は香川県生まれ。当然、讃岐うどんしか認めていません。博多でうどん屋に入っても蕎麦を頼みます。このうどん県人の心の狭さはなんとかなりませんかね。(笑)
c0112559_914327.jpg
 博多うどんの特徴的なトッピングにはエビ天や・・
c0112559_924129.jpg
 ゴボウ天、いわゆるかき揚げ状のものがあり、店によってゴボウやエビの大きさ切り方が違います。食べているうちにかき揚げのつなぎがつゆに溶け出して、絶妙の味になります。
c0112559_933221.jpg
 さつま揚げ風の丸天もポピュラーです。
c0112559_953115.jpg
 うどんは量が多くないので、うどんだけでは不足する人は、お昼はこのほかにご飯ものを付けるのが一般的。稲荷ずしや・・・
c0112559_964980.jpg
 「かしわおにぎり」。鶏肉、ゴボウ、ニンジンなどが入った炊き込みご飯を握ったものがポピュラーです。

 私の時代は、「因幡うどん」、「英ちゃんうどん」や「大福うどん」とかでよく食べました。これらは今も営業していて、市内に数軒の店を出しているようです。
c0112559_98198.jpg

また最も古く有名な「かろのうろん」が中州川端にあります。「角の饂飩」がなまったものです。普段は行かない地区にあるので、子供の時以来、最近久しぶりに入りました。典型的な博多うどんで、店もレトロな雰囲気でよかったのですが、残念ながら店内は撮影禁止でした。ところが食べログで見ると内部もうどんも写真が満載。どうなっているんでしょう?

 福岡を離れてうん十年。年に何度かは帰省していますが、街に出て食事という機会がなくなりました。今はうどん屋の数も多く、チェーン店もあり、ソウルフードとしてのうどんは健在、というよりさらに勢いを増しているようです。皆様も福岡に行く機会があれば、ラーメンとうどんはハシゴをしてでも食べてみてください。

 ちなみに蕎麦談義も神田藪蕎麦でやっていますので、こちらもどうぞ。
# by gipsypapa | 2015-07-31 09:18 | 建築 | Trackback | Comments(6)